データの移動とコピー - 基礎講座

パソコンのデータを引越しするときにはもちろん、それ以外の場合にも知っておくと便利なパソコンの知識です。パソコンの引越をしたい方に「データの移動とコピー - 基礎講座」をお伝えします。

データの移動とコピー方法

パソコンでデータを移動する方法とコピーする方法をお伝えします。

データの移動

フォルダからフォルダへドラッグをすると、「移動」(元の場所のデータがなくなり、移動先のみにデータがある)になります。

データのコピー

フォルダからフォルダに、キーボードの「Ctrl」を押しながらドラッグすると、「コピー」(元の場所にも移動先にもデータがある)になります。

基本的には「移動」でも大丈夫なのですが、パソコンの引越しをする場合は後から、データの引越し忘れに気付くこともありますので、「コピー」をして、引越し前のパソコン内には念のためデータを残しておきましょう。

厳密に言いますと、Windows XPの「マイドキュメント」やWindows Vistaの「個人用フォルダー(ドキュメントやピクチャなど)からデスクトップ画面は同じハードディスクの「Cドライブ」にありますので、ドラッグをすると「移動」、キーボードの「Ctrl」を押しながらドラッグすると「コピー」になります。

「Dドライブ」からデスクトップ画面(Cドライブ内)のように別のドライブの場合は、ドラッグだけで「コピー」になります。

同じドライブ(CやD)か、別のドライブ(CやD)によって、「移動」と「コピー」は変わりますが、キーボードの「Ctrl」を押しながらドラッグは「コピー」と覚えていただければも大ありません。

マウスの右ボタンを押しながら、ドラッグすると「ここにコピー」、「ここに移動」を選ぶことができます。

データの選択方法

パソコンでデータを選択する方法をお伝えします。

フォルダ内の全データをコピーしたい場合

データが保存されているフォルダを開く→メニューバー「編集」をクリック→「全て選択」をクリック→選択された(青い色になった)データの1つ(どれでもOK)を保存先フォルダにキーボードの「Ctrl」を押しながらドラッグしてください。データがコピーされます。

マイドキュメント内の複数のデータをまとめてコピーしたい場合

データが保存されているフォルダ内の始点となるデータをクリック→キーボードの「Shift」キーを押しながら、一番最後のデータをクリック→保存先フォルダにキーボードの「Ctrl」を押しながらドラッグしてください。データがコピーされます。

マイドキュメント内の離れた場所にあるデータをまとめてコピーしたい場合

データが保存されているフォルダ内の1つ目のデータをクリック→キーボードの「Ctrl」キーを押しながら、移動したデータをクリック(複数のデータがOK)→保存先フォルダにある各フォルダにキーボードの「Ctrl」を押しながらドラッグしてください。データがコピーされます。

 

次は「フリーメール - 基礎講座」をご覧ください。

このページの先頭へ