4種類のパソコン引越し方法

引越し前のパソコンのハードディスクから新しいパソコンのハードディスクには、引越しできるものと引越しできないものがあります。引越し方法も複数ありますので、自分に合った方法を選んでください。パソコンの引越をしたい方に「4種類のパソコン引越し方法 - 基礎知識・はじめに」をお伝えします。

Windows転送ツールで引越し

Windows Vista、7、8.1には、「Windows転送ツール」と呼ばれるソフトがありますので、それを使って、データも設定も丸ごと引越しできます。

引越し前のパソコンでWindows転送ツールを利用し、USBメモリ、外付けハードディスク、CD-R、DVD-R、BD-Rにコピー→新しいパソコンに移動させるという流れです。

※Windows XP、VistaからWindows 8.1への引越しでは、Windows転送ツールが利用できません。

※Windows 7からWindows 8.1への引越しでは、Windows転送ツールでデータの引越しはできますが、設定は引越しできません。

※Windows 10への引越しでは、Windows転送ツールでは利用できません。

メリット

一括で全てのデータや設定が引越しできる。

デメリット

インターネットから、Windows転送ツールをダウンロードする必要がある。
Windowsのバージョンによって、Windows転送ツールが利用できないことがある。
全てのデータや設定がバックアップされているかどうかがわかりづらい。
個別のデータや設定を指定して取り出すことができない。
引越し前のパソコンで特殊な設定をしているとWindows転送ツールが利用できないことがある。

データや設定を個別に引越し

引越し前のパソコンのデータを必要なものだけ、新しいパソコンに引越しをします。

引越し前のパソコンの中から、自分で作成したデータ、写真や動画データ、音楽データ、メールのアドレス帳や設定、インターネットのお気に入りや設定、辞書ツールなど、必要なデータだけを、USBメモリ、外付けハードディスク、CD-R、DVD-R、BD-Rにコピーし、新しいパソコンに移動します。

メリット

Windowsのバージョン(XP、Vista、7、8.1、10)に関わらず、引越しができる。
個別に必要なデータのみを引越しできる。
引越し準備に利用したUSBメモリ、外付けハードディスク、CD-R、DVD-R、BD-Rが、バックアップとして今後の役に立つ。

デメリット

個別にデータを引越しさせるので手順が多くなる。
パソコン内のデータを自分で把握できてないと必要なデータの引越しができないことがある。

ネットワークを構成して引越し

引越し前のパソコンと新しいパソコンをルーターを使いネットワークを構成します。

ネットワーク上で引越し前のパソコンから新しいパソコンに、必要なデータや設定を個別にコピーしたり、Windows転送ツールを使ってデータや設定をまとめてコピーすることができます。

上級者向けの方法です。

メリット

USBメモリ、外付けハードディスク、CD-R、DVD-R、BD-Rが必要ない。

デメリット

ルーターを購入する必要がある。(インターネットモデムにルーター機能がある場合は購入する必要がありません)
引越し前のパソコンと新しいパソコンで、ネットワークの設定が必要。

ソフトで引越し

複数のメーカーから、パソコンの引越しソフトが発売されています。

有料ですが、操作が簡単でサポートもありますので、データの容量が多い場合は、パソコン初心者の方にもオススメできます。

メリット

サポートがある。
簡単な操作で容量が多いデータを引越しできる。

デメリット

ソフトを購入する必要がある。
データの容量が少ない場合にはもったいない。

どの方法がオススメ?

「初心者のためのパソコン引越し講座」では、4つの方法の説明をしていますが、パソコンの引越しをする人によってオススメの方法が異なります。

引越しするデータの容量が少ない人

データや設定を個別に引越し

引越しするデータの容量が多い人

Windows転送ツールで引越し
有料ソフトを使って引越し

パソコンの操作に慣れていて、引越し後も2台以上のパソコンを使う人

ネットワークを構成して引越し

ネットワークでの引越しにつきましては、専門的になりますので、このホームページでは説明を省略させていただきます。

 

次は「パソコンのデータを引越しする流れ - 基礎知識・はじめに」をご覧ください。

このページの先頭へ