外付けハードディスク

引越し前のパソコンのハードディスクから新しいパソコンのハードディスクにデータを引越しするときに必要なものがあります。パソコンの引越をしたい方に「外付けハードディスク - 基礎知識・パソコンの引越しに必要なもの」をお伝えします。

外付けハードディスクについて

引越し前のパソコンのハードディスク内にたくさんのデータが入っている人にオススメなのが、外付けハードディスクです。

USBメモリに比べると、価格が高く、サイズが大きいのですが、データの容量はパソコン本体に付属しているハードディスクと同じぐらい、またはそれ以上のものが多いです。

たくさんのアプリケーションソフトを使い、たくさんの写真や動画データを持っている人はパソコン本体のハードディスクだけでは、容量が足らないので、外付けハードディスクを購入する人が多くいます。

パソコンの引越しのときに購入しても、パソコン本体のハードディスクの容量がオーバーしてしまった場合、パソコンが急に壊れてしまったときのバックアップ先として、外付けハードディスクは使えます。

パソコンの引越しでの操作方法もUSBメモリと同じで簡単です。

外付けハードディスクの種類

外付けハードディスクには大きく分けて、「スタンダードタイプ」、「ポータブルタイプ」と大きく分けて2つの外付けハードディスクがあります。

GBは「ギガバイト」、TBは「テラバイト」と読みます。

スタンダードタイプの外付けハードディスク

サイズ = ビデオテープぐらい(ちょっと古い例えですが)

容量 = 2TB ~ 3TB(1TBは約1,000GBです)

パソコン本体のハードディスク以上の容量があります。パソコンの引越しに限りますと、ここまでの容量は必要ありませんが、パソコン本体のハードディスクがいっぱいの人は、大容量のためパソコンの引越し以外にも使うことができます。

どちらかと言いますとヘビーユーザー(パソコンを使い込んでいて、動画や音楽のデータ量がとても多い人)向けです。

スタンダードタイプの外付けハードディスク

外付けハードディスク(スタンダードタイプ)のランキング (楽天)

外付けハードディスクのランキング (Amazon)

ポータブルタイプの外付けハードディスク

サイズ = 文庫本ぐらいの手のひらサイズ

容量 = 500GB~1TB

サイズは小さいのですが、パソコンの本体と同じぐらい、またはそれ以上の容量があります。パソコンの引越しに限りますと、このポータブルタイプの外付けハードディスクがオススメです。

Word(ワード)やExcel(エクセル)などの文章データ、多くの写真データ(1万枚以下)、音楽(1万曲以下)、動画を持っていても、十分なデータ容量です。

サイズも小さく、個人で使うには十分なデータ容量、カラーが豊富、持ち運びも簡単なため、最近ではスタンダードタイプの外付けハードディスクよりも人気があります。

持ち運ぶ機会が多い人は、落下に強い「耐衝撃」ボディをオススメします。

ポータブルタイプの外付けハードディスク

外付けハードディスク(ポータブルタイプ)の人気ランキング (楽天)

外付けハードディスクの人気ランキング (Amazon)

外付けハードディスクの価格

外付けハードディスクはUSBメモリと同じく、価格は販売しているメーカーや性能によって異なります。

スタンダードタイプの外付けハードディスク

現在では、2TB~3TBが一般的です。

2TB:8,000円前後
3TB:10,000円前後
1TBは1GBの約1,000倍です。

ポータブルタイプの外付けハードディスク

現在では、500GB~1TBが一般的です。

500GB:5,000円前後
1TB:6,500円前後

 

スタンダードタイプの外付けハードディスクとポータブルタイプの外付けハードディスクを比較しますと、同じ価格であれば、スタンダードタイプの外付けハードディスクの方が約2倍の容量になります。

データ容量重視ならスタンダードタイプの外付けハードディスク、サイズや持ち運び重視ならポータブルタイプの外付けハードディスクです。

 

パソコン初心者の方であれば、ポータブルタイプの外付けハードディスクで十分なことが多いです。

外付けハードディスクのメーカー

外付けハードディスクを販売してるメーカーはたくさんありますが、楽天やAmazonで人気のある外付けハードディスクのメーカーは限られてきます。

外付けハードディスクで人気のメーカーです。

BUFFALO(日本)
Logitec(日本)
アイ・オー・データ(日本)
Transcend(台湾)

 

次は「CD・DVD・BD - 基礎知識・パソコンの引越しに必要なもの」をご覧ください。

このページの先頭へ