転送の流れ

パソコンの引越しで利用すると便利なのが、Windows転送ツールです。パソコンの引越をしたい方に「転送の流れ - 基礎知識・Windows転送ツール」をお伝えします。

外付けハードディスクやUSBメモリを使う方法

ここでは「2つの方法 - 基礎知識・Windows転送ツール」でお伝えしました「外付けハードディスクやUSBメモリを使う方法」の流れをお伝えします。

Windowsのバージョンごとに詳しい操作方法をお伝えしていますので、ここでは大まかな流れとなっています。

1.個別のデータをバックアップ

「自分で作成したデータ」、「メール関連のデータ」、「インターネット関連のデータ」を外付けハードディスク、USBメモリ、CD-R、DVD-R、BD-Rにバックアップします。

「Windows転送ツールで引越し」は個別にデータのバックアップをとる必要はありませんが、新しいパソコンにトラブルが起きたときのために、バックアップをとることをオススメします。

2.Windows転送ツールのダウンロード

Windows 7とWindows 8.1にはWindows転送ツールが最初からインストールされていますが、Windows XP、Windows VistaにはWindows転送ツールがインストールされていませんので、インターネット上からダウンロードします。

マイクロソフトのホームページからダウンロードできます。

3.Windows転送ツールを使ってデータをバックアップ作成

デスクトップにバックアップしたデータを保存します。バックアップデータは1つのデータに全てが含まれます。

4.バックアップしたデータを保存

CD・DVD・BD、USBフラッシュドライブ(USBメモリ)、外付けハードディスク、ネットワークの場所から、保存場所を選択します。

5.バックアップしたデータをコピーする

Windows転送ツールがコピーしてくれますので、特別な操作は必要ありません。

6.新しいパソコンにデータを転送する。

CD・DVD・BD、USBフラッシュドライブ(USBメモリ)、外付けハードディスク、ネットワークの場所から、新しいパソコンにデータをコピーします。

 

これで「基礎知識・Windows転送ツール」が終わりました。次はWindowsのバージョンに合わせて「はじめに - Windws XPの引越しの準備」、「はじめに - Windws Vistaの引越しの準備」「はじめに - Windws 7の引越しの準備」「はじめに - Windws 8.1の引越しの準備」「はじめに - Windws 10の引越しの準備」をご覧ください。

このページの先頭へ