はじめに - データ復旧で知っておくこと

パソコンの引越し準備中、または通常の作業で大切なデータを間違って削除してしまった場合は、データの復旧(復元)ができる可能性があります。「はじめに - データ復旧で知っておくこと」をお伝えします。

パソコンでデータを削除するということ

主にパソコンではハードディスクにデータを保存します。

ワードやエクセルなどでデータを保存するということは、ハードディスクにそのデータを保存することになります。

ここではハードディスクの仕組みは重要ではありませんので、データを保存してから削除するときの流れを簡単な例えでお伝えします。

自分で本を作成すると考えてください。

保存するとき

それでは、まずは目次を作ります。「小学校時代」、「中学校時代」、「高校時代」など、目次をたくさん作ります。その目次を基にして1項目につき、10ページの文章を書きます。

これがパソコンのハードディスクに保存することです。

パソコンでデータ(文章)を保存するときには、インデックス(目次)も一緒に作ります。

削除するとき

作成した目次の項目だけ、修正ペンで塗りつぶします。これがパソコンのハードディスクに保存されているデータを削除することです。

「あれっ?削除したっていっても、その文章の目次しか削除してないよね?」と思いますよね?

そうなのです。パソコンでデータ(文章)を削除するということは、インデックス(目次)だけを削除するだけなので、実際にはデータ(文章)は残っているのです。

しかし、これは全てのデータ(文章)に当てはまるわけではありません。

インデックス(目次)だけ削除されたデータ(文章)に他のデータ(文章)を上書きしてしまうと前のデータ(文章)が消えてしまいます。

これは意図的にすることではなく、他のデータ(文章)を次から次に保存するうちに、パソコンが勝手に上書き保存してしまうのです。

削除してしまったデータの復旧における可能性

これははっきりとわかりませんが、削除されたデータは時間が経てば経つほど、上書きされてしまう可能性が高まりますので、「間違えて削除してしまった!」、「間違えて初期化してしまった!」というときには、すぐに対策をとってください。

データを削除してしまってからでも、まだ復旧できる可能性がありますので、あきらめずにチャレンジしてくださいね

 

次は「やってはいけないこと - データ復旧で知っておくこと」をご覧ください。

このページの先頭へ