やってはいけないこと - データ復旧で知っておくこと

パソコンの引越し準備中、または通常の作業で大切なデータを間違って削除してしまった場合は、データの復旧(復元)ができる可能性があります。「やってはいけないこと - データ復旧で知っておくこと」をお伝えします。

何も操作しないのが一番

大切なデータを削除してしまったら、「何も操作をしないのが一番」です。

はじめに」でもお話しましたが、削除されたデータ(文章)はインデックス(目次)が削除されただけで、データ(文章)自体は残っています。

何か操作をしてしまうと、そのデータ(文章)が他のデータに上書きされてしまう可能性があります。

そうなったら、データの復旧は見込めません。

大切なデータを間違えて削除してしまったら、思いつきでパソコンの操作をせず、すぐにデータ復旧の対策をとってください。

「無料のソフトを使う方法」(DataRecovery(無料版))、「有料のソフトを使う方法」(ファイナルデータ(詳細))を使う方法と「データを復旧してくれる業者に依頼する方法」(データ復旧業者)方法があります。

データ復旧の可能性が低くなってしまう操作

データを復旧する可能性を少しでも高めるため、以下のことは絶対にしないでください。

データの書き込みや保存

ワードやエクセルなどで作成した文章の保存、インターネットにある文章や写真の保存など。

チェックディスク(エラーチェック)

パソコンの中にあるデータ(Windowsのデータ)のエラーを探し、修復する機能。

最適化(デフラグ)

パソコンの中にあるデータ(Windowsのデータ)を整理整頓(断片化を解消)する機能。

Windowsを高速化するソフト

不要なファイルの削除、Windowsの設定等を変更するソフト。

 

これらの作業は何らかの形でデータの上書きをします。復旧できる可能性のあるデータに上書きされてしまうと、復旧の可能性が低くなりますので、気をつけてください。

 

次は「フリーソフトとは? - DataRecovery・無料版 - データ復旧」をご覧ください。

このページの先頭へ