ダウンロード - DataRecovery・無料版

パソコンの引越し準備中、または通常の作業で大切なデータを間違って削除してしまった場合は、データの復旧(復元)ができる可能性があります。「ダウンロード - DataRecovery・無料版 - データ復旧」をお伝えします。

DataRecoveryのダウンロード方法

多くのフリーソフトを扱っている「窓の杜」からDataRecoveryをダウンロードします。

1.「窓の杜」の「DataRecovery」ページを開く

下記のURLをクリックしてください。

DataRecoveryのダウンロードページ

「窓の杜」のDataRecovery(データ・リカバリー)ページ

2.「DataRecovery」をダウンロードする

「DataRecovery」と書かれた右側の「DOWNLOAD」をクリックします。

2.「DataRecovery(データ・リカバリー)」をダウンロードする 1

「DataRecovery.lzh」をクリックします。

「2.「DataRecovery」をダウンロードする 」で「DOWNLOAD」をクリックしたときに、「3.「DataRecovery」を保存する」の画面が表示された人は、「DataRecovery.lzh」をクリックする必要はありません。

3.「DataRecovery(データ・リカバリー)」をダウンロードする 2

3.「DataRecovery」を保存する

「保存」をクリックします。

「ファイルのダウンロード」画面で、「DataRecovery(データ・リカバリー)」を保存する

4.保存する場所を指定する

DataRecoveryを保存する場所につきまして、ここでは「D」ドライブ」にしますが、DataRecoveryを実行する際には必ず「復旧させたいデータがインストールされていないドライブ」にしてください。

ドライブとはパソコンのデータを保存できる場所(主にハードディスク)です。基本的にはパソコン内のハードディスクは「C」と「D」に分かれていまして、「C」にWindowsの重要データや「マイドキュメント」や「マイピクチャ」などが入っています。

「C」ドライブに入っているデータを復旧させることが多くなると思いますので、DataRecovery(データ・リカバリー)を「D」ドライブや外付けハードディスク、USBメモリ(フラッシュメモリ)に保存して、そこから実行するようにしてください。

デスクトップ画面に保存しても、後から「D」ドライブや外付けハードディスク、USBメモリ(フラッシュメモリ)に移動してもOKです。

 

「保存する場所」を指定(ここではDドライブ)し、「保存」をクリックします。

保存する場所を指定する

ダウンロードの進行状況がわかる画面が表示されます。

ダウンロードの進行状況

5.保存の完了

保存を指定した場所(ここではDドライブ)に「DataRecovery」があるか確認してください。

保存の完了

 

これで「DataRecovery」のダウンロードが終わりました。

 

次は「データ復旧方法 - DataRecovery・無料版」をご覧ください。

このページの先頭へ