使ってみた感想 - ファイナルデータ・詳細

パソコンの引越し準備中、または通常の作業で大切なデータを間違って削除してしまった場合は、データの復旧(復元)ができる可能性があります。「使ってみた感想 - ファイナルデータ・詳細 - データ復旧」をお伝えします。

大切なデータをバックアップしなかったミス

パソコンのインストラクタをしているとき、お客さんからパソコンのリカバリー(初期化)を頼まれまた時のことです。

メール関係(アドレス帳、送受信メール、アカウント)、インターネットのお気に入り、マイドキュメント内の書類や写真のバックアップをとり、リカバリーの実施。

リカバリー後、バックアップしたデータをパソコンに戻し、お客さんに渡したところ、お客さんが仕事で使う重要なデータがなくなしまっていたのです。

リカバリをするに当たり、お客さんに「何をバックアップしておけばいいか?」を入念に尋ねましたが、マイドキュメントに入っていたと思っていたデータが、違う場所(Cドライブ内)に入っていたのです。

お客さんが自分のデータを把握できていなかったとは言え、「○○のデータはどこにありますか?」「◇◇はどこにありますか?」と言ったように、1つずつ大切なデータを確認しなかった私のミスです。

リカバリー後の対処

リカバリーしてしまったので、バックアップをとったデータ以外は削除されてしまっています。

バックアップしていなかったデータはお客さんにとって非常に大切。それがないと仕事もできないものです。

すぐに思いついたのが、「フリーソフトとは?」でお伝えしているDataRecovery(データ・リカバリー)を使うことでした。

「無料で性能が良い」と評判だったので、早速使ってみました。

1時間後、ある程度のデータは復旧できましたが、まだまだ完全ではありません。

インターネットで検索をしたり、パソコンのインストラクター仲間に聞いて、「ファイナルデータ」の存在を知ったのです。

ファイナルデータを使った結果

パッケージ版(CDで箱に入っている)ファイナルデータは大手電化店やパソコンショップで購入できますが、そんな時間はありません。

お客さんは今か今かと待っています。

「これしかない」と思い、インターネットでファイナルデータの無料体験版をダウンロードしました。この無料体験版はデータを復旧できる機能はありませんが、復旧可能なデータの一覧を見ることができます。

無料体験版を使ってみますと、復旧したいデータが見つかりました。早速、インターネットで購入し、ダウンロードしたのです。パッケージ版に比べ、ダウンロード版は価格が安く、すぐに使えますので、ダウンロード版をオススメします。

リカバリーをしてしまったパソコンにファイナルデータを使いましたら、ほとんどのデータが復旧できました。一安心です。

パソコンの状態によって、「どれだけのデータが復旧できるのか?」は変わりますので、一概に言えませんが、私がファイナルデータを使ったときには、とても良い結果が出ました。

データ復旧ソフトはたくさんあります。

全てのソフトを検証したわけではありませんが、ファイナルデータは、10年連続で復元ソフトのシェアNo.1で、パソコンのインストラクタの仲間の間で人気もありますので、オススメできるデータ復旧ソフトです。

 

次は「無料体験版と製品版の違い - ファイナルデータ・詳細」をご覧ください。

このページの先頭へ