使い方 2 - ファイナルデータ・製品版

ファイナルデータの無料体験版で復旧できるデータを検索できましたら、製品版を購入して検索したデータを復旧させましょう。操作はとても簡単です。「使い方 2 - ファイナルデータ・製品版 - データ復旧」をお伝えします。

徹底的に復旧可能なデータを検索

使い方1 - ファイナルデータ・製品版」で復旧したいデータが見つからなかった場合でも、「ファイル復元」メニューにある「フォーマットをした場合」で、見つかる可能性は十分にありますので、安心してください。

「フォーマットをした場合」というメニュー名ですが、フォーマットをした場合だけではなく、フォルダの検索(「ゴミ箱から削除した場合」メニューにはフォルダ検索はされません)を含めて、徹底的に復旧可能なデータを検索する場合に使うことができます。

製品版の使い方(フォーマットをした場合)

ファイナルデータ・製品版の使い方(フォーマットをした場合)をお伝えします。

1.ファイナルデータを起動する

デスクトップ画面の「ファイナルデータ9.0 特別復元版 試供版 ウィザード」をダブルクリックします。

デスクトップ画面の「ファイナルデータ9.0 特別復元版 試供版 ウィザード」

「ファイナルデータ9.0 特別復元版 試供版 ウィザード」が起動します。

「ファイナルデータ9.0 特別復元版 試供版 ウィザード」

2.復旧作業の開始

「ファイルの復元」をクリックします。

「ファイルの復元」

「フォーマットをした場合」をクリックします。

「フォーマットをした場合」

3.復旧可能なデータの検索

ここでは、「マイドキュメント」や「マイピクチャ」がある「C」ドライブをクリックし、「検索」をクリックします。

復旧可能なデータの検索

復旧できるデータを検索している画面が表示されます。「C」ドライブの容量が大きい場合は、数時間かかる場合があります。

復旧できるデータを検索している画面

復旧可能なデータ一覧が表示されます。左にフォルダの一覧(拡張子で分類)、そのフォルダ一覧をクリックしますと、右側にデータ一覧が表示されます。データの名前は削除前の名前とは異なります。

復旧可能なデータ一覧

4.復旧可能なデータをプレビューで確認

フォルダ一覧から探したいファイル形式と同じフォルダをクリックし、右側のデータ一覧の確認したいデータの□にチェックを入れ、「プレビュー」をクリックします。

「プレビュー」をクリックした後に、一つずつクリックしていくのは大変なので、キーボードの「↑」「↓」を押していくと、プレビューが切り替わっていきます。

復旧可能なデータをプレビューで確認

プレビューが表示されます。

プレビュー

プレビューで表示できる形式は、ワード(.doc)、エクセル(.xls)、パワーポイント(.ppt)、テキスト(.txt)、ホームページ(.html)、写真(.jpg、.gif、.bmp)です。

プレビューをすることができない形式の場合、まとめて復旧して、復旧後に確認することができます。

5.データの復旧

復旧させたいデータをクリックし、「選択したファイルの復元」をクリックします。

データの復旧

 

複数のデータをまとめて選択する場合

最初のデータをクリックし、キーボードのShiftキーを押しながら、最後のデータをクリックしてください。その後、「選択したファイルの復元」をクリックします。

複数のデータをまとめて選択

6.復旧したい場所の指定

「フォルダの参照」画面で、復旧したファイルを保存したい場所(ここではデスクトップを指定)をクリックし、「OK」をクリックします。

「フォルダの参照」画面

指定した保存場所にデータが復旧されます。ここでは「#753749.jpg」という名前の写真を復旧しました。

指定した保存場所


7.ファイナルデータの終了

「完了」をクリックし、「ファイルの復元」の「ゴミ箱から削除した場合」画面を閉じます。

ファイナルデータの終了

「終了」をクリックし、「ファイナルデータ9.0 特別復元版 試供版 ウィザード」画面を閉じます。

「ファイナルデータ9.0 特別復元版 試供版 ウィザード」画面

 

これで、ファイナルデータ・製品版(フォーマットをした場合)の復旧が終わりました。

復旧したいデータが見つからなかった場合

ファイナルデータ(製品版)で、データ復旧ができなかった場合、非常に残念ですが、復旧させたいデータはWindowsによって上書きされてしまった可能性があります。

データ復旧業者であれば、データを復旧してくれる可能性があります。詳しくは、次の「データ復旧業者とは? - データ復旧業者」をご覧ください。

このページの先頭へ