嘘の案内=フィッシング詐欺 - ウイルス以外に怖いもの

ウイルスに感染するとパソコンの調子が悪くなったり、個人情報が盗まれたりします。ウイルスについての知識があれば対策がとれます。パソコンの引越をしたい方に「嘘の案内=フィッシング詐欺 - ウイルス以外に怖いもの - セキュリティ対策」をお伝えします。

本物を装って連絡してくる

いろいろなフィッシング詐欺のパターンがありますが、主にメールで連絡してきます。

フィッシング詐欺を英語で書くと「phishing」です。

英語で「釣り」という意味の「Fishing」をハッカー(クラッカー)が「phishing」と呼んでいた、または「洗練された」という意味の「sophisticated」と「釣り」という意味の「fishing」の合成語という意味から「phishing」と呼ばれています。

銀行を装う

「暗証番号の変更をお願いします」とメールが届く

メール内のホームページへのリンクを開くと本物と同じようなホームページが表示される

口座番号や暗証番号を入力してしまうと盗まれてしまう

クレジットカード会社を装う

「カード番号と有効期限の確認をお願いします」とメールが届く

メール内のホームページへのリンクを開くと本物と同じようなホームページが表示される

カード情報が盗まれしまう

カードが不正使用され、身に覚えがない請求が届く

アンケートを装う

有名企業を装って「アンケートに答えるとプレゼントがもらえます」とメールが届く

メール内のホームページへのリンクを開くと本物と同じようなホームページが表示される

個人情報を入力すると盗まれてしまう

フィッシング詐欺の被害に遭わないために

フィッシング詐欺の対策です。

銀行はメールで暗証番号を尋ねることはない

カード会社はメールでカード番号や有効期限を尋ねることはない

ショッピングサイトや企業はメールでIDやパスワードを尋ねることはない

個人情報を聞き出そうとするメールには疑いの目を持つ

ウイルス対策ソフトでフィッシング詐欺メールを振り分けることができる

ウイルス対策ソフトだけでは防げないため、自分でも気をつける

 

次は「ホームページの罠=ワンクリック詐欺 - ウイルス以外に怖いもの」をご覧ください。

このページの先頭へ