悪い人が情報を盗む=不正アクセス - ウイルス以外に怖いもの

ウイルスに感染するとパソコンの調子が悪くなったり、個人情報が盗まれたりします。ウイルスについての知識があれば対策がとれます。パソコンの引越をしたい方に「悪い人が情報を盗む=不正アクセス - ウイルス以外に怖いもの - セキュリティ対策」をお伝えします。

大切な情報を盗む人

個人情報や重要なデータを守るために不正アクセスについて知っておきましょう。

人が直接、他人のパソコンから個人情報やデータを盗むこと「不正アクセス」

インターネット回線が悪用されるので世界のどこからでもアクセスされる可能性がある

有線(LANケーブルなど)よりも、無線LAN(WiFi)の方が危険

知らない間に侵入される

盗まれた個人情報やデータが悪用される

いつの間には自分の個人情報がインターネットで公開される

不正アクセスを防ぐには?

100%防ぐのは難しい不正アクセス。

一流のハッカー(本来はクラッカー)に狙われたら防げない

一流のハッカー(本来はクラッカー)に一般人が狙われることは少ない

ウイルス対策ソフトで防ぐ

不正アクセスされるとどうなのるの?

不正アクセスには大きく分けて4つあります。

個人情報が盗まれる

重要なデータが盗まれる

ハッカーの踏み台にされ、知らない間に自分のパソコンが加害者になる

ホームページを公開している人はホームページが書き換えられたり、削除される

取り締まる法律

不正アクセスを取り締まる法律があります。

不正アクセス行為の禁止等に関する法律(不正アクセス禁止法)がある

 

次は「嘘の案内=フィッシング詐欺 - ウイルス以外に怖いもの」をご覧ください。

このページの先頭へ