クレジットカードは安全? - 危険から守る

ウイルス、スパイウェア、不正アクセス、フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺など、パソコンには重要なデータや個人情報を盗む危険があります。パソコンの引越をしたい方に「クレジットカードは安全? - 危険から守る - セキュリティ対策」をお伝えします。

インターネットショッピングでクレジットカードを使う

今ではインターネットショッピングでクレジットカードを使うことは当たり前となりました。

クレジットカードを使うとその場で決済ができる

代引き手数料や振込み手数料などの余分な手数料がかからない

クレジットカード会社でポイントが貯まる

100%安全とは言えない

セキュリティの対策をしていないパソコンではカード番号を入力しない

セキュリティの対策をしっかりする

セキュリティを意識してクレジットカードを使う

クレジットカードは便利ですが、インターネットで使うときには気をつけなければいけないことがあります。

ウイルス対策ソフトをインストールする

決済ページがSSL(情報が暗号化される)に対応しているかどうか確認する

SSLに対応しているページのURL(アドレス)は「https://」から始まる

不特定多数の人が利用するパソコン、他人のパソコンではクレジットカードは使わない

信頼できるホームページだけでクレジットカードを使う

楽天、Yahooショッピング、Amazon(アマゾン)など

カードの番号、有効期限、セキュリティコードをホームページに書き込んだり、メールで送信しない

セキュリティコードとは、カード裏面にある数字です。

詳しくはVISAのホームページ(3桁のセキュリティコード)をご覧ください。

万が一を考えて、クレジットカードの限度額を低めにする

クレジットカード会社で不正利用された場合の対応を確認しておく

毎月、請求される金額を確認する

 

次は「個人情報の流出を防ぐ - 危険から守る」をご覧ください。

このページの先頭へ