IDとパスワード - 危険から守る

ウイルス、スパイウェア、不正アクセス、フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺など、パソコンには重要なデータや個人情報を盗む危険があります。パソコンの引越をしたい方に「IDとパスワード - 危険から守る - セキュリティ対策」をお伝えします。

IDとパスワードの重要性

IDとパスワードとは何でしょう?

例:銀行 「ID」は口座番号、「パスワード」は暗証番号

パソコンで使うIDは「アカウント」、「ユーザー名」、「認証ID」とも呼ばれます

IDや口座番号は他人が知ってもそれほど問題はない

パスワードや暗証番号は他人に知られると悪用される可能性がある

パソコンではIDとパスワードが一致すると本人と認識される

いつIDとパスワードを使うの?

インターネットでIDとパスワードを使うことが多くなります。

インターネット

ショッピングやオークション(楽天、Yahooショッピング、Yahooオークションなど)

オンラインバンキング(ジャパンネットバンク、三菱東京UFJなど)

Webメール(Hotmail、Gmail、Yahooメールなど)

SNS(Facebook、Twitter、mixiなど)

ブログ(アメーバ、FC2など)

インターネット以外

自分で設定しなければ、IDとパスワードが必要ないことが多いです。

パソコンを起動するときのパスワード

圧縮されたデータを開くためのパスワード

圧縮されたデータを開くためのパスワード

IDやパスワードはどうやって決めるの?

IDやパスワードは、利用するサービスによって決められている場合もありますが、自分で決めることが多いです。IDは自分がわかりやすいもの、他人が推測しやすいものでも大丈夫ですが、パスワードは他人が推測できないものにする必要があります。

100%安全なパスワードはありませんが、できるだけ複雑なパスワードにしましょう。

他人が推測しにくいパスワード = 安全

最も安全なパスワードはランダム(てきとう)

ランダムは覚えられないため、ある程度の法則を持って考える

好きな映画やドラマに関係するパスワード

芸能人やスポーツ選手に関するパスワード

好きな本に関するパスワード

他人が推測しやすいパスワード = 危険

誕生日、名前、あだ名に関するパスワード

住所、電話番号に関するパスワード

車のナンバーに関するパスワード

簡単な数字の羅列(123、777など)

 

次は「IDとパスワードの保管方法 - 危険から守る」をご覧ください。

このページの先頭へ