意識すること - 危険から守る

ウイルス、スパイウェア、不正アクセス、フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺など、パソコンには重要なデータや個人情報を盗む危険があります。パソコンの引越をしたい方に「意識すること - 危険から守る - セキュリティ対策」をお伝えします。

危険が多いインターネット

インターネットにはいろいろな危険がありますが、最新のウイルス対策ソフトをパソコンにインストールしていれば、パソコンは守られます。

便利なインターネット

インターネットのおかげで世界中の情報を得られる

インターネットを使ってパソコンの安全が脅かされる

怖がってインターネットを使わなくなってしまってはもったいない

セキュリティ対策をすれば、多くの危険からパソコンを守ることができる

必ずウイルス対策ソフトはインストールすること

被害に遭ってから対策をしても遅い

ホームページを開くときに注意する

アダルトや出会い系のホームページを開くと被害にう確率が上がる

海外のホームページを開くときも注意する

メールを開くときに注意する

メールの添付ファイルにウイルスが隠されていることがある

メールを開いただけで感染するウイルスがある

知らない人からメールは開かない

知り合いを装った「お久しぶりです」、「先日の件」などの件名に惑わされない

知り合いがウイルスに感染すると自動的にウイルス付きメールが送られることがある

無線LANやWiFi

パスワードを設定していないと他人に無線LANやWiFiが使われる可能性がある

無線LANやWiFiでデータをやり取りしている間にデータが盗まれる

インターネットの閲覧ページ、入力したIDやパスワードが盗まれる

メールのやり取りが覗き見される

インターネットを使っていないときも注意が必要

USBメモリなどを使って、複数のパソコンでデータをやり取りするときにもウイルスやスパイウェアが侵入することがあります。

インターネットと同様に、最新のウイルス対策ソフトをパソコンにインストールしていれば、パソコンは守られます。

ウイルスやスパイウェアは気付かないうちに侵入している

ウイルスやスパイウェアに侵入されたパソコンに接続したUSBメモリが感染する

そのUSBメモリを接続した他のパソコンが感染する

パソコン、USBメモリともにウイルス対策ソフトで感染していないかをチェックする

 

次は「クレジットカードは安全? - 危険から守る」をご覧ください。

このページの先頭へ