怖いウイルス - ウイルスについて

ウイルスに感染するとパソコンの調子が悪くなったり、個人情報が盗まれたりします。ウイルスについての知識があれば対策がとれます。パソコンの引越をしたい方に「怖いウイルス - ウイルスについて - セキュリティ対策」をお伝えします。

ウイルスとは?

パソコンにとって怖いウイルスとは何でしょう?

悪いデータ

人間の病気(ウイルス性)と似てて、ウイルスによって症状が異なる

知らない間にパソコンに侵入する

セキュリティ対策をしていないと簡単に侵入される

ウイルス

どうやってウイルスに感染するの?

いつの間にかウイルスはパソコンに侵入してきます。

インターネットが普及する前はウイルスは一部のパソコンだけ

世界中のパソコンはインターネットで繋がっている

インターネット(有線や無線)を使ってウイルスは移動する

今やインターネットがない世界は考えられない

ウイルスが侵入することを前提でセキュリティ対策を立てる

ウイルスは悪い人が作る?

誰がウイルスを作っているのでしょう?

ウイルスを作る人はパソコンに詳しい方

パソコン内にある情報を盗みたい

自分のパソコン技術を世間に知らせたい

ウイルスはWindowsが大好き?

パソコンには大きく分けて、マイクロソフトのWindows(ウィンドウズ)と、アップルのMac(マック)があります。

どうして、ウイルスはWindowsが大好きなのでしょう?

世界ではWindowsを使っているMacよりも圧倒的に多い

ウイルスを作る人はできるだけ多くのパソコンにウイルスを感染させたい

Windowsを狙えばたくさんの人がウイルスに感染する

Macのウイルスも存在するため、どちらにしてもセキュリティ対策が必要

 

次は「ウイルスに感染した? - ウイルスについて」をご覧ください。

このページの先頭へ