最新版に更新(メール)

Windows 7へ引越しする準備から実際にデータをコピーする方法です。パソコンの引越をしたい方に「最新版に更新 - メール - Windows 7へ引越し」をお伝えします。

Windows Live メールのバージョン

Windows Live メール(ウィンドウズ・ライブ・メール)が入っていないパソコン、または旧バージョン(Version2008、2009)のWindows Live メールがインストールされているパソコンは、最新版(Version2011)のWindows Live メールに更新してください。

パソコンに入っているWindows Live メールのバージョンの確認は「メール-バージョンの確認」をご覧下さい。

Windows Live Essentialsについて

Windows Live メールをダウンロードする方法は、表面上は2種類あります。

マイクロソフトのホームページからWindows Live メールだけをダウンロードする方法と、「メール」(Windows Live メール)、「メッセンジャー」(チャットや電話)、「フォトギャラリー」(写真の整理や修正)、「ムービーメーカー」(動画編集)、「ツールバー」(検索)、「ライター」(ブログ編集)、「ファミリーセーフティ」(保護者向け管理ソフト)などがセットになっているWindows Live Essentials(ウィンドウズ・ライブ・エッセンシャル)をダウンロードする方法です。

最初に表面上と言ったのには理由があります。

どちらの方法をとっても、結局はWindows Live Essentialsがダウンロードされるますので、ここではWindows Live Essentialsをダウンロードし、インストールする方法をお伝えします。

インストールするプログラムの選択もできます。

※現在は、Windows Live Essentialsではなく、Windows Essentials(ウィンドウズ・エッセンシャル)という名前になっています。

Windows Live Essentialsのダウンロードとインストール

Windows Live Essentialsのダウンロードとインストール方法をお伝えします。

1.Windows Live Essentialsのダウンロードページを開く

マイクロソフトのホームページにある「Windows Live Essentials」のページを開きます。

Windows Live Essentialsのページ

2.Windows Live Essentialsのダウンロード開始

「今すぐダウンロード」をクリックします。

今すぐダウンロード

「ファイルのダウンロード-セキュリティ警告」画面で、「実行」をクリックします。

ファイルのダウンロード-セキュリティ警告

「ユーザーアカウント制御」画面で、「はい」をクリックします。

「インストールの準備をしています」画面が表示され、しばらく時間がかかります。

インストールの準備をしています

3.「インストールするプログラムの選択」画面

「Windows Live Essentialsをすべてインストール(推奨)」をクリックします。

Windows Live Essentialsをすべてインストール

この画面で「インストールする製品の選択」をクリックしますと、必要なソフトだけをインストールできます。

「メール」(Windows Live メール)、「メッセンジャー」(チャットや電話)、「フォトギャラリー」(写真の整理や修正)、「ムービーメーカー」(動画編集)、「ツールバー」(検索)、「ライター」(ブログ編集)、「ファミリーセーフティ」(保護者向け管理ソフト)などの選択ができます。

4.インストール開始

「Windows Live Essentialsをインストールしています」と表示され、インストールが開始されます。

Windows Live Essentialsをインストールしています

5.インストールの完了と再起動

「今すぐ再起動」画面」をクリックして、再起動します。

今すぐ再起動

再起動しましたら、「Windows Live Essentials」のインストールは完了です。

 

次は「メールアカウント - Outlook Express→Windows Live メール 2011」をご覧ください。

このページの先頭へ