バージョンの確認(メール)

Windows 7へ引越しする準備から実際にデータをコピーする方法です。パソコンの引越をしたい方に「バージョンの確認 - メール - Windows 7へ引越し」をお伝えします。

Windows Live メールのバージョン

Windows Live メールは「Version 2008」(2008年)、「Version2009」(2009年)、「Version2011」(2011年)などがあります。

2011年にWindows 7がインストールされているパソコンを購入された人は最新バージョンの「Version2011」ではない可能性がありますが、Windowsの更新を頻繁にしている人は気付かないうちに最新バージョンになっていることもあります。

最新バージョンでなくても問題なく利用はできますが、セキュリティや機能面で以前のバージョンよりも最新のバージョンの方が優れていますので、Windows XPやWindows Vistaからメールデータを引越しする前に、ぜひ更新してください。

Windows Live メールのバージョンの確認

Windows Live メールのバージョンを確認する方法をお伝えします。

1.Windows Live メールの起動

「スタート」をクリック→「すべてのプログラム」をクリックします。

プログラムの一覧にある「Windows Live」フォルダ内に「Windows Live メール」(2009)、プログラムの一覧に「Windows Live メール」(Version20100)、をクリックします。

 

Windows Live メール 2009の場合

Windows Live メール 2009の場合

Windows Live メール 2009の場合

 

Windows Live メール 2011の場合

Windows Live メール 2011の場合

Windows Live メール 2011の場合

2.バージョンの確認

Windows Live メールのバージョンによって画面が異なります。

 

確認画面(Windows Live メール 2009の場合)

メニューバー「ヘルプ」→「Microsoft Windows Live メールのバージョン情報」をクリックします。

バージョンの確認

Windows Live メールのバージョン情報が表示されます。この画面は「Version2009」(200年)のため、「Version2011」に更新してください。詳しくは「最新版に更新」をご覧下さい。

バージョンの確認

 

確認画面(Windows Live メール 2011の場合)

「Windows Live メール」ボタンをクリックします。

「Windows Live メール」ボタン

「バージョン情報」をクリックします。

「バージョン情報」

Windows Live メールのバージョン情報が表示されます。この画面は「Version2011」(2011年)のため、最新バージョンです。

Windows Live メールのバージョン情報

Windows Live メールのバージョン確認は以上です。

 

次は「最新版に更新 - メール」をご覧ください。

このページの先頭へ