アドレス帳(Outlook Express→Windows Live メール 2011)

Windows 7へ引越しする準備から実際にデータをコピーする方法です。パソコンの引越をしたい方に「アドレス帳 - Outlook Express→Windows Live メール 2011 - Windows 7へ引越し」をお伝えします。

アドレス帳のインポート(Windows Live メール 2011)

Windows XPの標準メールソフト「Outlook Express」(アウトルック・エクスプレス)の「アドレス帳」をWindows 7のWindows Live メール 2011にインポートする方法をお伝えします。

1.Windows Live メール(ウィンドウズ・ライブ・メール)を起動する

「スタート」をクリック→「すべてのプログラム」をクリックします。

「スタート」をクリック→「すべてのプログラム」

プログラムの一覧にある「Windows Live メール」(2011)をクリックします。

「Windows Live メール」(2011)

「Windows Live メールを通常使用する電子メールプログラムとして設定しますか?」が表示された場合

「WindowsLive メールの起動時にこの設定を確認する」にチェックが入っているのを確認→「はい」をクリックします。

WindowsLive メールの起動時にこの設定を確認する

Windows Live メール 2011が起動します。

Windows Live メール 2011が起動

2.アドレス帳の表示

「アドレス帳」ボタンをクリックします。

「アドレス帳」ボタン

「アドレス帳」ボタンは表示方法によって2種類ありますが、どちらでも同じです。

「アドレス帳」ボタン

「アドレス帳」ボタン

3.アドレス帳のインポート

ツールバー「インポート」→「Windowsアドレス帳」をクリックします。

「インポート」→「Windowsアドレス帳」

「インポート」→「Windowsアドレス帳」

「開く」画面で、デスクトップ画面の「メール」→「開く」をクリックします。

「開く」画面

「アドレス帳」→「開く」をクリックします。

「アドレス帳」→「開く」

「アドレス帳」→「開く」をクリックします。

「アドレス帳」→「開く」

4.アドレス帳のインポート完了

「アドレス帳のインポート」画面で、「OK」をクリックします。

アドレス帳内にたくさんのアドレスがありますと、時間がかかる場合がありますので、進行状況を表す画面が表示されましたら、しばらくお待ちください。

「アドレス帳のインポート」画面

5.アドレス帳の確認

アドレス帳の一覧が表示されていましたら成功です。

アドレス帳の一覧

 

これで「Outlook Express」(アウトルック・エクスプレス)でバックアップした「アドレス帳」が、Windows Live メール(2011)インポートされました。

 

次は「送受信したメール - Outlook Express→Windows Live メール 2011」をご覧ください。

このページの先頭へ