アドレス帳(Windowsメール→Windows Live メール 2009)

Windows 7へ引越しする準備から実際にデータをコピーする方法です。パソコンの引越をしたい方に「アドレス帳 - Windowsメール→Windows Live メール 2009 - Windows 7へ引越し」をお伝えします。

アドレス帳のインポート(Windows Live メール 2009)

Windows Vistaの標準メールソフト「Windowsメール」(ウィンドウズ・メール)の「アドレス帳」をWindows 7のWindows Live メール 2009にインポートする方法をお伝えします。

1.「アドレス帳」フォルダを開く

「スタート」ボタン→「個人用フォルダー」(ユーザー名のフォルダ)をクリックします。

「アドレス帳」フォルダを開く

「アドレス帳」をダブルクリックします。

「アドレス帳」をダブルクリックします。

何も入っていない「アドレス帳」フォルダが表示されます(Administratorが表示されている場合もあります)。次の操作までこのまま表示します。

「アドレス帳」フォルダが表示されます

2.バックアップした「アドレス帳」を開く

デスクトップ画面の「メール」をダブルクリックして開きます。

「デスクトップ」の「メール」

「アドレス帳」をダブルクリックします。

「アドレス帳」

「アドレス帳」をダブルクリックします。

「アドレス帳」

Windows Vistaでバックアップした「アドレス帳」が表示されます。

Windows Vistaでバックアップした「アドレス帳」

3.「アドレス帳」を並べる

Windows 7の「アドレス帳」とWindows Vistaでバックアップした「アドレス帳」を並べます。

「アドレス帳」を並べる

4.「アドレス帳」のコピー

Windows Vistaでバックアップした「アドレス帳」内のデータを選択→Windows 7の「アドレス帳」内にドラッグします。

「アドレス帳」のコピー

複数のアドレスをまとめて移動する場合は、1つ目のアドレスをクリック→「Shift」キーを押しながら最後のアドレスをクリック→複数のアドレスを選択したらパソコンの「アドレス帳」フォルダにラッグします。選択の方法につきましては「移動とコピー - 基礎講座」を参考にしてください。

5.アドレス帳の確認

Windows Live メールを起動→メニューバー「移動」→「アドレス帳」をクリックします。

アドレス帳の確認

これで「Windowsメール」(ウィンドウズ・メール)でバックアップした「アドレス帳」がインポートされました。

バックアップした「アドレス帳」がインポートされました。

 

これで「Windows メール」(ウィンドウズ・メール)でバックアップした「アドレス帳」が、Windows Live メール(2009)にインポートされました。

 

次は「送受信したメール - Windowsメール→Windows Live メール 2009」をご覧ください。

このページの先頭へ