メールアカウント(Windowsメール→Windows Live メール 2009)

Windows 7へ引越しする準備から実際にデータをコピーする方法です。パソコンの引越をしたい方に「メールアカウント - Windowsメール→Windows Live メール 2009 - Windows 7へ引越し」をお伝えします。

メールアカウントのインポート(Windows Live メール 2009)

Windows Vistaの標準メールソフト「Windowsメール」(ウィンドウズ・メール)の「メールアカウント」をWindows 7のWindows Live メール 2009にインポートする方法をお伝えします。

1.Windows Live メール(ウィンドウズ・ライブ・メール)を起動する

「スタート」をクリック→「すべてのプログラム」をクリックします。

Windows Live メール(ウィンドウズ・ライブ・メール)を起動する

プログラムの一覧にある「Windows Live」フォルダ内に「Windows Live メール」(2009)をクリックします。

「Windows Live」フォルダ内に「Windows Live メール」(2009)

プログラムの一覧に「Windows Live メール」(2009)が表示されている場合もあります。

2.メニューバーの表示

メニューバーが表示されている場合はこの操作は必要ありません。

ツールバー「メニュー」をクリック→「メニューバーの表示」をクリックします。

メニューバーの表示

メニューバーが表示されました。

メニューバーが表示されました。

3.メールアカウント画面を開く

メニューバー「ツール」→「アカウント」をクリックします。

メールアカウント画面を開く

4.インポート画面を開く

「アカウント」画面で、「インポート」をクリックします。

インポート画面を開く

5.バックアップしたメールアカウントの指定する

デスクトップ画面の「メール」をクリックします。

バックアップしたメールアカウントの指定する

「メールアカウント」→「開く」をクリックします。

「メールアカウント」→「開く」

インポートしたいアカウントをクリック→「開く」をクリックします。

インポートしたいアカウントをクリック→「開く」

6.インポートの完了

「インターネットアカウント」画面の「メール」にインポートしたメールアカウントを確認→「閉じる」をクリックします。

インポートの完了

フォルダ一覧に「名前」、「受信トレイ」、「下書き」、「送信済みアイテム」、「迷惑メール」、「ごみ箱」が作成されているのを確認します。

フォルダの確認

7.送受信の確認

ツールバー「同期」(Windows Live メール 2009の送受信ボタン)をクリックします。

送受信の確認

エラーメッセージが表示されずに元の画面に戻れば成功です。

 

これで「Windowsメール」(ウィンドウズ・メール)でバックアップした「メールアカウント」が、Windows Live メール(2009)にインポートされました。

 

次は「アドレス帳 - Windowsメール→Windows Live メール 2009」をご覧ください。

このページの先頭へ