Outlook2007(メール)

Windows 7へ引越しする準備から実際にデータをコピーする方法です。パソコンの引越をしたい方に「Outlook2007 - メール - Windows 7へ引越し」をお伝えします。

全てのデータのインポート

Outlook2007は、「アドレス帳」、「送受信したメール」、「メールアカウント」が一つのデータになっていますので、まとめてインポートすることができます。

1.Outlook2007を起動する

「スタート」→「すべてのプログラム」→「Microsoft Office」→「Microsoft Office Outlook2007」をクリックします。

2.スタートアップのキャンセル

「Outlook2007 スタートアップ」画面で、「次へ」をクリック→「電子メールアカウント」画面で、「いいえ」をクリック→「データファイルの作成」画面で、「電子メールの設定しないままで続ける」をクリック→「完了」をクリックします。

3.インポート画面を開く

メニューバー「インポートとエクスポート」をクリックします。

4.実行する処理の選択

「実行する処理を選択してください」画面で、「他のプログラムまたはファイルからのインポート」をクリックします。

5.インポートのファイルの種類を指定する

「インポートするファイルの種類を選択してください」画面で、「個人用フォルダーのファイル」をクリック→「次へ」をクリックします。

フォルダにインポートされました」画面で、「閉じる」をクリックします。

6.アドレス帳の確認

「アドレス帳」にインポートしたアドレス帳があればOKです。

7.インポートするデータを選択

「個人用フォルダーのインポート」画面で、「参照」をクリック→デスクトップ画面の「メール」をクリック→「開く」をクリックします。

8.オプションの選択

「インポートするファイル」にバックアップデータの場所が表示されるので、「重複した場合、インポートするアイテムと置き換える」をクリック→「次へ」をクリックします。

9.読み込むデータを選択

「インポートするフォルダの選択」の「個人用フォルダー」をクリック→「サブフォルダを含む」をクリック→「以下のフォルダにアイテムをインポートする」をクリック→「完了」をクリックします。

10.RSSフィード

「購読しているRSSフィードのリストは~」画面で、「いいえ」をクリックします。

11.インポートの完了

12.データの確認

「受信フォルダ」や「送信済みフォルダ」をクリックして送受信したメールの確認、ツールバー「送受信」をクリックして送受信の確認、ツールバー「連絡先」をクリックしてアドレス帳の確認をします。

 

次は「Outlook2010 - メール」をご覧ください。

このページの先頭へ