はじめに(XPのデータをVistaへコピー)

Windows Vistaへ引越しする準備から実際にデータをコピーする方法です。パソコンの引越をしたい方に「はじめに - XPのデータをVistaへコピー - Windows Vistaへ引越し」をお伝えします。

Windows XPでバックアップしたデータを用意

Windows XPでバックアップした「自分で作成したデータ」、「メール関連のデータ」、「インターネット関連のデータ」が入っている各メディア、外付けハードディスク、USBメモリを準備します。

CD-R、DVD-R、BD-R

Windows VistaのパソコンにあるCD・DVD・BDドライブに入れるだけで、中を開くことができます。

USBメモリ、外付けハードディスク

パソコンに接続します。しばらくするとパソコンに認識されます。

 

まずはWindows XPでバックアップしたデータを、Windows Vistaにコピーして引越しの作業をします。

詳しくは、「メディアの準備 - XPのデータをVistaへコピー」をご覧ください。

自分で作成したデータ

各メディアに保存しました「自分で作成したデータ」は、各メディア、外付けハードディスク、USBメモリからWindows Vistaのドキュメント、ピクチャ、ミュージック、ビデオなどのフォルダにコピーするだけでOKです。

詳しくは、「自分で作成したデータ - XPのデータをVistaへコピー」をご覧ください。

メール関連のデータ

Windows XPではOutlook Express(アウトルック・エクスプレス)、Outlook(アウトルック)、Windows Live メール(ウィンドウズ・ライブ・メール)などのメールソフトに関するデータをバックアップしました。

これらのデータをWindows Vistaの標準メールソフトである、Windows メール(ウィンドウズ・メール)へ、インポートします。

単純にコピーをするだけでは、使うことができませんので、注意してください。

詳しくは、「Vista-メール - XPのデータをVistaへコピー」をご覧ください。

インターネット関連のデータ

Windows Vistaでも、Windows XPと同じインターネットのソフトである、Internet Explorer(インターネット・エクスプローラー)を使います。

Windows XPのInternet Explorerでエクスポートしたデータを、Windows VistaのInternet Explorerにインポートします。

単純にコピーをするだけでは、使うことができませんので、注意してください。

詳しくは、「インターネット - XPのデータをVistaへコピー」をご覧ください。

Windows転送ツールのデータ

Windows XPで作成しましたWindows転送ツールのデータは、Windows Vistaのデスクトップ画面にはコピーしません。

基本的にWindows転送ツールは、各メディア、外付けハードディスク、USBメモリから、直接データを読み込みます。

詳しくは、「Windows転送ツール - XPのデータをVistaへコピー-」をご覧ください。

 

次は「フォルダの確認 - XPのデータをVistaへコピー」をご覧ください。

このページの先頭へ