データのインポート(Window転送ツール)

Windows Vistaへ引越しする準備から実際にデータをコピーする方法です。パソコンの引越をしたい方に「データのインポート - Window転送ツール - Windows Vistaへ引越し」をお伝えします。

全てのデータのインポート

Windows XPの転送ツールでバックアップしたデータをWindows Vistaにインポートします。

1.Windows転送ツールの起動

「スタート」→「すべてのプログラム」をクリックします。

Windows転送ツールの起動

「アクセサリ」→「システムツール」→「Windows転送ツール」をクリックします。

「アクセサリ」→「システムツール」→「Windows転送ツール」

「ユーザーアカウント制御」画面が表示されましたら、「続行」をクリックします。

2.Windows転送ツールの開始

「Windows転送ーツールの開始」画面で、「次へ」をクリックします。

「Windows転送ーツールの開始」画面

 

「プログラムを閉じます」が表示される場合

Windows転送ツール以外のソフトを起動していますと、「プログラムを閉じます」画面が表示され、次へ進めなくなります。その場合は「すべて閉じる」をクリックしてください。強制的に全てのソフトが閉じ、Windows転送ツールが続行できます。

「プログラムを閉じます」画面

3.転送方法を選択

「新しい転送を開始しますか?それとも現在実行中の転送を続行しますか?」の画面で、「実行中の転送を続行する」をクリックします。

転送方法を選択

4.ネットワークの確認

「ご使用のコンピュータはネットワークに接続されていますか?」画面で、「いいえ、ファイルと設定を既にCD、DVD、またはリムーバブルメディアにコピーしました」をクリックします。

ネットワークの確認

5.バックアップ先の選択

USBの場合

「転送するファイルおよび設定の保存場所を指定してください。」画面で、「USBフラッシュドライブ上」をクリックします。

USBの場合

USBメモリ(フラッシュメモリ)をパソコンに挿入→「使用するドライブをクリックしてください」でUSBメモリの場所を指定→「パスワードの入力」にWindows XPでバックアップをしたときに設定したパスワードを入力(設定していない場合は空白でOK)→「次へ」をクリックします。

USBメモリ(フラッシュメモリ)

 

外付けハードディスクの場合

「転送するファイルおよび設定の保存場所を指定してください。」画面で、「外付けハードディスク上またはネットワークの場所」をクリックします。

外付けハードディスクの場合

「転送するファイルおよび設定をコピーしたい場所を指定します」画面で、「参照」をクリックします。

「転送するファイルおよび設定をコピーしたい場所を指定します」画面

外付けハードディスク(ここでは外付けHDD)→「SaveData](Windows XPでバックアップしたファイル)→「開く」をクリックします。

外付けハードディスク(ここでは外付けHDD)

「パスワード」にWindows XPでバックアップをしたときに設定したパスワードを入力(設定していない場合は空白でOK)→「次へ」をクリックします。

「パスワード」

 

CDまたはDVDの場合

「転送するファイルおよび設定の保存場所を指定してください。」画面で、「CDまたはDVD」をクリックします。

CDまたはDVDの場合

CDまたはDVDをパソコンに挿入→「使用するドライブをクリックしてください」でCDまたはDVDの場所を指定→「パスワードの入力」にWindows XPでバックアップをしたときに設定したパスワードを入力(設定していない場合は空白でOK)→「次へ」をクリックします。

CDまたはDVD

6.転送するデータの選択

「選択されたファイルと設定の確認」画面で、「転送」をクリックします。

転送するデータの選択

7.転送が開始される

「転送が完了するまでお待ちください」画面が表示され、転送が開始されます。

8.転送完了

「転送は完了しました」画面で、「閉じる」をクリックします。

9.再起動

「変更を有効にするには、コンピュータを再起動する必要があります。今コンピュータを再起動しますか?」画面で、「はい」をクリック→再起動されます。

10.すべての作業が完了する

再起動したら、Windows転送ツールでの操作は完了です。

 

これで「Windows Vistaへ引越し」が終わりました。

このページの先頭へ