アップグレードの確認(アップグレードする前に)

スムーズにWindowsをアップグレード(古いバージョンのWindowsを新しいバージョンのWindowsに)するため、事前に確認や準備をしっかりしましょう。パソコン初心者の方のために「アップグレードの確認(アップグレードする前に) - アップグレード」をお伝えします。

32bit版と64bit版の確認

Windows 7までのパソコンは、使う人によって32bit版と64bit版で選択していましたが、Windows 8、Windows 8.1以降は、64bit版が主流になりましたので、現在は多くの人が64bit版のパソコンを使っています

アップグレードしたいWindowsは32bit版の可能性がありますので、アップグレード前に32bit版か64bit版かを確認してください。

32bit版と64bit版については「32bitと64bitの違い - 基礎講座」をご覧ください。

システム要件を確認

どのWindowsでも新しいバージョンのWindowsにアップグレードできるとは限りません。

Windowsのアップグレードには、「アップグレードしたいパソコンにこれ以上の性能が必要ですよ」という意味のシステム要件があります。

Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10のシステム要件は、ほぼ同じです(CPUの数値が同じでも性能が異なることがあります)が、32bit版と64bit版では異なります。

Windows 7、8、8.1、10のシステム要件

32bit版のWindowsと64bit版のWindowsではシステム要件が異なります。

32bit版のWindows

CPU:1.0GHz 以上

物理メモリー:1GB 以上(快適に動作させる場合は、2GB 以上を推奨)

HDDの空き容量:16GB 以上

64bit版のWindows

CPU:1.0GHz 以上

物理メモリー:2GB 以上(快適に動作させる場合は、4GB 以上を推奨)

HDDの空き容量:20GB 以上

 

最近のパソコンはこれらのシステム要件を遥かに超えていますので、それほど気にする必要はありませんが、かなり古いパソコンから新しいパソコンにアップグレードする場合は注意してください。

ソフトウェアの対応の確認

今までのWindowsで使えていたソフトがアップグレード後のWindowsで、動作しなくなってしまうこともあります。

「アップグレード後のWindowsで、これは使えなくなると困る」というソフトがあれば、必ず開発元のホームページで確認してください。

古いソフトの場合、新しいWindowsに対応しない場合もあります。

デバイスドライバの確認

パソコン本体がアップグレード後のWindowsに対応しているかどうかを確認する必要があります。

アップグレード後のWindowsで、デバイスドライバ(パソコンに接続されている機器を制御するためのプログラム)が正常に動作しない可能性があります。

パソコンメーカーのホームページで、パソコンの型番などを使って確認しましょう。

 

次は「アップグレードの準備(アップグレードする前に) - アップグレード」をご覧ください。

このページの先頭へ