無償アップグレード終了後(Windows 10にアップグレード)

Windows 10の無償アップグレード期間は終了しましたが、期間終了後もアップグレードできる可能性があります。パソコン初心者の方のために「無償アップグレード終了後 - Windows 10にアップグレード」をお伝えします。

Windows 10の無償アップグレード期間

Windows 10の無償アップグレードは、2016年7月29日(日本時間)に終了しました。

一度でもWindows 10にアップグレードした人

無償アップグレード期間に「Windows 10にアップグレード→既存のWindowsにダウングレードを行った人」は、無償アップグレード期間が終了した後でもWindows 10にアップグレードできます。

期間中に無償アップグレードしたことがない人

世間一般では、Windows 10に無償でアップグレードできないことになっていますが、まだできる可能性があります。

期間が過ぎても無償アップグレードする方法

「無償アップグレード期間中にWindows 10にしていないけど、Windows 10にしたい!」という人は、基本的に有償のWindows 10のライセンスを購入することになるのですが、無償でWindows 10にアップグレードできる可能性があります。

ツールをダウンロードしてインストール

通常、Windows 10のライセンスがないとインストールできないはずなのですが、ライセンスがない状態でもインストールできる可能性があります。

実際に「初心者のためのパソコン引越し講座」管理人と友人が試したところ、無償アップグレード期間中に一度もWindows 10をダウンロードやインストールしていないにも関わらず、Windows 10にアップグレードできました。

詳しくは「無償アップブレードの方法1 - Windows 10にアップグレード」をご覧ください。

障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け

障がいを持つ方が無償アップグレード期間内にアップグレードすることが難しいこともあるため、無償アップグレード期間の終了後でも、障がいを持つ方のために専用ページからWindows 10にアップグレードすることができます。

マイクロソフトのサイトでも「障碍者向け支援技術製品をご利用の場合は、7月29日以降も無償でアップグレードをすることができます」と表記されています。

あくまでも「障碍者向け支援技術製品」なのですが、実際には「障がい者の方のプロダクトキー(アップグレードしたいWindows)かどうか?」の区別は難しいため、誰でもWindows 10に無償でアップグレードできる状態です。

詳しくは「無償アップブレードの方法2(障碍者向け支援技術製品の利用者向け) - Windows 10にアップグレード」をご覧ください。

このページの先頭へ