コードの入力方法(Windows 8.1にアップグレード)

Windows 8からWindows 8.1へは無償でアップグレードできます。Windows 8のパソコンを利用している方は、Windows 8.1にアップグレードしましょう。パソコン初心者の方のために「コードの入力方法 - Windows 8.1にアップグレード」をお伝えします。

初期設定後にコードを入力する方法

初期設定の方法 - Windows 8.1にアップグレード」の「4.情報の保護」で、「メールの確認できない場合」を選んでも、スタート画面からコードを入力できます。

コードの入力方法をお伝えします。

1.チャームを表示

マウスポインターを画面右下に移動→チャームを表示される

2.設定画面を表示する

「設定」をクリックします。

「PC設定の変更」をクリックします。

「PC設定」が表示されますので「アカウント」をクリックします。

「お使いのアカウント」をクリックします。

アカウントの詳細が表示されます。「このPCで本人確認を行う必要があります。」の「確認する」をクリックします。

3.コードをメールで送信

「お客様のアカウント保護にご協力ください」が表示されます。

Microsoftアカウントに登録したメールアドレスにコードを送信する場合

「○○にメールを送信」のメールアドレスを確認してください。

Microsoftアカウントに登録したメールアドレス以外のメールアドレスにコードを送信する場合

空欄にメールアドレスを入力します。

「次へ」をクリックします。

スタート画面が表示されますので、メールソフトを起動してコードを確認してください。メールの件名は「Microsoft アカウントのセキュリティコード」です。

4.コードの入力

マウスポインターを画面右下に移動→チャームを表示される

5.設定画面を表示する

「設定」をクリックします。

「PC設定の変更」をクリックします。

「お客様のアカウント保護にご協力ください」が表示されます。空欄にコードを入力します。

「送信」をクリックします。

 

これで「Windows 8.1にアップグレード」が終わりました。

このページの先頭へ