はじめに(インターネット)

Windows 10のパソコンから、新しいWindowsのパソコンに引越しをするためには、いろいろな準備があります。パソコンの引越をしたい方に「はじめに - インターネット - Windows 10の引越しの準備」をお伝えします。

Windows 10で使われれるブラウザ

Windows 10には、標準ブラウザとしてのMicrosoft Edge(マイクロソフト・エッジ)、Windows 10以前からあったInternet Explorer(インターネット・エクスプローラー)があります。

詳細は「はじめに - インターネット - Windows 10へ引越し」をご覧ください。

Microsoft Edgeはバックアップができない

残念ながら今のところMicrosoft Edgeの「お気に入り」などデータは、エクスポート(バックアップ)できません。

厳密には拡張機能や保存先を参照することによって可能ですが、パソコン初心者の方にとっては、ちょっと難しいかもしれません。

Microsoft Edge(Windows 10)

パソコンに詳しい方が利用するブラウザ

Googleの「Chrome(クローム)」、Mozilla Foundationの「Firefox(ファイアフォックス)」もありますが、主にパソコンに詳しい方が利用しています。

Internet Explorerのバックアップ

「初心者のためのパソコン引越し講座」では、多くのパソコン初心者の方が使うInternet Explorerのバックアップ方法をお伝えします。

Internet Explorer(Windows 10)

引越しできるインターネットのデータ

Internet Explorerからは以下のものが引越しできます。

お気に入り

よく見るホームページを登録しておくところ

クッキー(Cookie)

ショッピング(楽天やAmazonなど)、WEBメール(YahooメールやHotmailなど)のようにIDやパスワードを利用してログインするタイプのホームページで入力した内容を記憶する機能をクッキーと呼びます。

IDやパスワード以外にも、インターネットでホームページを見るときに自分で設定したことや、ホームページを訪れた日時などが記憶されています。

フィード

自分のお気に入りのホームページの記事が更新されたかどうかを把握するための機能です。

 

次は「保存フォルダ - インターネット(Windows 10の引越しの準備)」をご覧ください。

このページの先頭へ