Microsoft Edgeのインポート(インターネット)

引越し前のパソコンでバックアップしたデータを新しいWindows 10のパソコンにコピーする方法です。パソコンの引越をしたい方に「Microsoft Edgeのインポート - インターネット - Windows 10へ引越し」をお伝えします。

Microsoft Edgeにインポートできるデータ

Microsoft Edgeでは、引越し前のパソコンでバックアップしたデータ(お気に入り、クッキー(Cookie)、フィード)をインポートできませんが、下記の手順で「お気に入り」をインポートすることができます。

1.引越し前のパソコンでバックアップした「お気に入り」を新しいWindows 10のパソコンのブラウザ(Internet Explorer、Crome、Fifefoxなど)にインポート

2.「お気に入り」をインポートしたブラウザから、Microsoft Edgeに「お気に入り」をインポート

具体的な方法をお伝えしていきます。

Microsoft Edgeにに「お気に入り」をインポートする方法

まず「Internet Explorerのインポート(インターネット)」を参考に引越し前のパソコンでバックアップした「お気に入り」を新しいWindows 10のパソコンのInternet Explorerにインポートします(Crome、FifefoxでもOK)

1.Microsoft Edgeを起動する

Microsoft Edgeを起動する方法はいくつかありますが、ここでは2つの方法をお伝えします。

タスクバーから起動

タスクバーの「Microsoft Edge」のアイコンをクリックします。

Microsoft Edgeをタスクバーから起動する(Windows 10)

スタートメニューから起動

スタートボタンをクリックします。

スタートメニューからMicrosoft Edgeを起動する(Windows 10)

スタートメニューにある「Microsoft Edge」をクリックします。

スタートメニューにある「Microsoft Edge」(Windows 10)

Microsoft Edgeが起動します。

Microsoft Edgeが起動する(Windows 10)

2.お気に入りのインポート

「ハブ」をクリック→「お気に入りのインポート」をクリックします。

お気に入りのインポート(Windows 10)

「お気に入りのインポート」で、お気に入りをインポートしたいブラウザをクリックしてチェックを入れる(画像では「Internet Explorer」にチェックが入っています)→「インポート」をクリックします。

ブラウザの選択(Windows 10)

インポートが完了すると「インポート」の下に「すべて完了しました」と表示されます。

インポート完了(Windows 10)

3.インポートされたお気に入りの確認

ハブをクリックします。

ハブをクリック(Windows 10)

「お気に入り」内に「Internet Explorerからインポート」が作成されています。

Internet Explorerからインポート(Windows 10)

「Internet Explorerからインポート」の前にある「>」をクリック→インポートした「お気に入り」が表示されます。

インポートされたお気に入りの確認(Windows 10)

 

これで引越し前にバックアップしたInternet Explorerのデータを新しいWindows 10のパソコンにインポートできました。

このページの先頭へ