はじめに(メール)

Windows 7のパソコンから、新しいWindowsのパソコンに引越しをするためには、いろいろな準備があります。パソコンの引越をしたい方に「はじめに - メール - Windows 7の引越しの準備」をお伝えします。

Windows 7で使われるメールソフト

数多くのメールソフトがありますが、一般的にMicrosoft(マイクロソフト)のメールソフトであるWindows 7では、Windows Live メール(ウィンドウズ・ライブ・メール)が使われています。Windows XPのころから使っている人も多いと思います。

Windows Live メール(ウィンドウズ・ライブ・メール)

マイクロソフトのホームページから無料でダウンロードできるWindows Essentials 2012(ウィンドウズ・エッセンシャル 2012)に含まれます。

2012年に公開され、Windows 7では多くの人が利用しています。

Outlook(アウトルック)

スケジュール管理、メールを扱うことができるソフト。Word(ワード)やExcel(エクセル)が一緒になっているMicrosoft Office(マイクロソフト・オフィス)に含まれています。

Outlookを利用しているパソコン初心者の方はほとんどいませんので、「Windows 7の準備(メール)」では割愛させていただきます。

引越しできるデータ

Windows Live メールからは以下のものが引越しできます。

アドレス帳に登録したメールアドレス
送受信したメール
メールアカウント(メールの送受信に必要な設定)

 

Windows Live メールのバックアップ方法をお伝えしています。

 

次は「保存フォルダ - メール(Windows 7の引越しの準備)」をご覧ください。

このページの先頭へ