保存フォルダ(メール)

Windows 7のパソコンから、新しいWindowsのパソコンに引越しをするためには、いろいろな準備があります。パソコンの引越をしたい方に「保存フォルダ - メール - Windows 7の引越しの準備」をお伝えします。

保存場所の作成

Windows Live メール(ウィンドウズ・ライブ・メール)の各データを入れるフォルダを、デスクトップに作成します。

デスクトップに保存先のフォルダを作成します。

1.「メール」フォルダの作成

デスクトップ画面を右クリック→「新規作成」→「フォルダ」をクリック→フォルダの名前である「メール」を入力します。

「メール」フォルダの作成

「メール」フォルダ

2.「メール」フォルダ内に3つのフォルダを作成

作成した「メール」フォルダをダブルクリックで開く→フォルダ内を右クリック→「新規作成」→「フォルダ」をクリック→フォルダの名前(下記を参照)を入力。この作業を3回繰り返します。

フォルダ名は「アドレス帳」、「送受信したメール」、「メールアカウント」の3つにしてください。

「メール」フォルダ内に、「アドレス帳」、「送受信したメール」、「メールアカウント」フォルダがある状態になります。

「メール」フォルダ内に3つのフォルダを作成

 

「自分で作成したデータ」、「メール関連のデータ」、「インターネット関連のデータ」をすべてまとめましたら、USBメモリ、外付けハードディスク、CD-R、DVD-R、BD-Rにコピーをします。

詳しくは、「メディアへバックアップ」をご覧ください。

 

次は「Windows Live メールのアドレス帳 - メール(7の引越しの準備)」をご覧ください。

このページの先頭へ