はじめに(Windows 8.1の準備)

Windows 8.1のパソコンから、新しいWindowsのパソコンに引越しをするためには、いろいろな準備があります。パソコンの引越をしたい方に「はじめに - Windows 8.1の引越しの準備」をお伝えします。

Window 8とWindow 8.1

Windows 8からWindows8.1へは無料でアップグレードできます。いわゆるマイナーチェンジです。

Windows 8が入ったパソコンを購入した人も、ほとんどの人がWindows 8.1にアップグレードしています。Windows 8.1がリリースされた後は、最初からWindows 8.1が入ったパソコンを購入した人もいます。

そのため、「初心者のためのパソコン引越し講座」では、Windows 8.1の引越し方法をお伝えいたします。

Window 8.1から引越しする方法

Windows 8.1からWindows 10など新しいパソコンに引越しをする方法は、大きく分けて3つあります。

データや設定を個別に引越し
ネットワークを構成して引越し
ソフトで引越し

 

詳しくは、「4種類のパソコン引越し方法 - 基礎知識・はじめに」をご覧ください。

「Windows転送ツール」でバックアップできない

Windows 7まで利用できた「Windows転送ツール」は、Windows 8.1からなくなってしまいました。

Windows 8.1からWindows 8.1、Windows 10など、新しいパソコンへの引越しは、「データや設定を個別に引越し」「ネットワークを構成して引越し」「ソフトで引越し」の3つの方法となります。

「ネットワークを構成して引越し」でバックアップ

「ネットワークを構成して引越し」の場合は、Windows 8.1から、Windows 10などの新しいWindowsのパソコンにネットワークを使ってコピーすれば引越しができます。

しかし、バックアップとしてUSBメモリ、外付けハードディスク、CD-R、DVD-R、BD-Rが手元に残らないので、今後のことを考えて、バックアップを取ることをオススメします。

とても大切なバックアップ

どの方法で引越しをするにしても、「引越しの準備」でお伝えします「自分で作成したデータ」、「メールのデータ」、「インターネットのデータ」をUSBメモリ、外付けハードディスク、CD-R、DVD-R、BD-Rなどに保存しましょう。

最近のパソコンは故障しにくくなっていますが、それでも急にハードディスクが壊れてデータが全部消えてしまう可能性もあります。

Windows 8.1からパソコンを引越す際に、大切なデータをバックアップしておけば、新しいパソコンで何かトラブルがあった場合でも、いつでもデータを復活させることができます。

特に自分が作成したWord(ワード)やExcel(エクセル)などのデータ、思い出がたくさん詰まった写真や動画、音楽は消えてしまうと、2度と復活できませんので、しっかりとバックアップをとりましょう。

パソコンの引越し準備でバックアップするデータ

パソコンの引越し準備でバックアップするデータには「自分で作成したデータ」「メール」「インターネット」などがあります。

自分で作成したデータ

Word(ワード)やExcel(エクセル)など自分で作成したデータ
写真、動画、音楽など

メール

アドレス帳
送受信したメール
メールアカウント(メールの送受信に必要な設定)

インターネット

お気に入り
クッキー(Cookie)
フィード

 

次は「データの場所 - 自分で作成したデータ(Windows 8.1の引越しの準備)」をご覧ください。

このページの先頭へ