はじめに(メール)

Windows 8.1のパソコンから、新しいWindowsのパソコンに引越しをするためには、いろいろな準備があります。パソコンの引越をしたい方に「はじめに - メール - Windows 8.1の引越しの準備」をお伝えします。

Windows 8.1で使われるメールソフト

Windows 8.1にはメールアプリがインストールされていますが、Windows 7と同じWindows Live メールを利用する人が多いです。

Windows Live メール(ウィンドウズ・ライブ・メール)

マイクロソフトのホームページから無料でダウンロードできるWindows Essentials 2012(ウィンドウズ・エッセンシャル 2012)に含まれます。

Windows 8.1でも多くの人がこのWindows Live メールを使っています。2017年1月10日にサポートが終了する予定です。

メールアプリ

Windows 8から登場したメールアプリですが、今までのOutlook Express(Windows XP)、Windows メール(Windows Vista)、Windows Live メール(Windows 7など)とは、操作性が異なるため、Windows 8.1を使う多くの人が、Windows Live メールを利用しています。

Windows 8.1のメールアプリは、主にウェブメール(フリーメール)と呼ばれる「Hotmail(ホットメール)」「Gmail(ジーメール)」「Yahoo メール(ヤフーメール)」などで利用するため、パソコンの引越しはできません(する必要がありません)

そのため、 「Windows 8.1の準備(メール)」では割愛させていただきます。

Outlook(アウトルック)

スケジュール管理、メールを扱うことができるソフト。Word(ワード)やExcel(エクセル)が一緒になっているMicrosoft Office(マイクロソフト・オフィス)に含まれています。

Outlookを利用しているパソコン初心者の方はほとんどいませんので、「Windows 8.1の準備(メール)」では割愛させていただきます。

引越しできるデータ

Windows Live メールからは以下のものが引越しできます。

アドレス帳に登録したメールアドレス
送受信したメール
メールアカウント(メールの送受信に必要な設定)

 

Windows Live メールのバックアップ方法をお伝えしています。

 

次は「保存フォルダ - メール(Windows 8.1の引越しの準備)」をご覧ください。

このページの先頭へ