はじめに(インターネット)

Windows 8.1のパソコンから、新しいWindowsのパソコンに引越しをするためには、いろいろな準備があります。パソコンの引越をしたい方に「はじめに - インターネット - Windows 8.1の引越しの準備」をお伝えします。

Windows 8.1で使われれるブラウザ

ブラウザとはインターネットを見るために使うソフトです。

Windows 8.1にも今までのWindowsのバージョンでパソコン初心者の方が利用してきたInternet Explorer(インターネット・エクスプローラー)があります。

ただ、同じInternet ExplorerでもWindows 8.1には、デスクトップ版のInternet ExplorerとWindowsストアアプリ版のInternet Explorerがあります。

詳細は「はじめに - インターネット - Windows 8.1へ引越し」をご覧ください。

 

Googleの「Chrome(クローム)」、Mozilla Foundationの「Firefox(ファイアフォックス)」もありますが、主にパソコンに詳しい方が利用しています。

「初心者のためのパソコン引越し講座」では、多くのパソコン初心者の方が利用しているデスクトップ版のInternet Explorerの準備方法をお伝えします。

バージョンは、Internet Explorer 11です。

引越しできるインターネットのデータ

デスクトップ版のInternet Explorerからは以下のものが引越しできます。

お気に入り

よく見るホームページを登録しておくところ

クッキー(Cookie)

今まで入力しましたIDやパスワードを覚えているのが、クッキーです。

例えば、楽天やYahooなどでインターネットでショッピング、YahooメールやHotmailなどのIDやパスワードです。

IDやパスワード以外にも、インターネットでホームページを見るときに自分で設定したことや、ホームページを訪れた日時などが記録されています。

クッキーを引越しすると新しいパソコンでも同じ環境でインターネットができるため、引越し後の手間が省けます。

フィード

自分がよく見るホームページのどの記事が更新されたかを把握するための機能です。

 

次は「保存フォルダ - インターネット(Windows 8.1の引越しの準備)」をご覧ください。

このページの先頭へ