フォルダの確認(Windows 8.1へデータをコピー)

Windows 8.1へ引越しする準備から実際にデータをコピーする方法です。パソコンの引越をしたい方に「フォルダの確認 - Windows 8.1へデータをコピー - Windows 8.1へ引越し」をお伝えします。

Windows 8.1のドキュメント

Windows XP、Windows Vista、Windows 7、Windows 8.1のデータを保存するフォルダには違いがあります。

今まで歴代のWindowsを使ってきた方のために、それぞれのWindowsにおける「(マイ)ドキュメント」をご紹介します。

Windows XP

「マイドキュメント」の中に「マイピクチャ」、「マイミュージック」、「マイビデオ」があり、「マイドキュメント」中にデータを入れていることがほとんどです。

Windows Vista

個人用フォルダー(Windows Vistaのセットアップ時に設定した名前)があり、その中に「ドキュメント」、「ピクチャ」、「ミュージック」、「ビデオ」などのフォルダがあります。

Windows 7

「マイドキュメント」が復活しました。しかし、Windows Vistaと同じく「ドキュメント」もあります。

Windows 8.1

個人用フォルダー(Windows 8.1のセットアップ時に設定した名前)があり、その中に「ドキュメント」、「ピクチャ」、「ミュージック」、「ビデオ」などのフォルダがあります。

 

ここではWindows XP、Vista、7でバックアップした「自分が作成したデータ」をWindows 8.1の「ドキュメント」にコピーします。

「ドキュメント」の開き方

Windows 8.1でドキュメントを開く方法をお伝えします。

1.「個人用フォルダー」を開く

デスクトップ画面の「個人用フォルダー」(ユーザー名のフォルダ)をダブルクリックします。

「個人用フォルダー」を開く

2.「ドキュメント」を開く

「ドキュメント」をダブルクリックします。

「ドキュメント」を開く

「ドキュメント」が開きます。

「ドキュメント」が開きます

 

引越しするもの

Windows XP、Windows Vista、Windows 7からWindows 8.1に引越しをするデータは以下の通りです。

自分で作成したデータ

Word(ワード)やExcel(エクセル)など自分で作成したデータ、写真、動画、音楽など。

メール

アドレス帳
受信したメール
メールアカウント(メールの送受信に必要な設定)

 

インターネット

お気に入り
クッキー(Cookie)
フィード

 

次は「データのコピー - データをWindows 8.1へコピー - Windows 8.1へ引越し」をご覧ください。

このページの先頭へ