更新の重要性(Windows 8.1を最新の状態に更新)

Windows 8.1へ引越しする準備から実際にデータをコピーする方法です。パソコンの引越をしたい方に「更新の重要性 - Windows 8.1を最新の状態に更新 - Windows 8.1へ引越し」をお伝えします。

Windows 8.1を更新する理由

Windows XP、Windows Vista、Windows 7のパソコンから、Windows 8.1のパソコンに引越す前に、セキュリティ対策として、Windows 8.1を更新します。ここでは、更新についてお伝えします。

Windowsを発売していますマイクロソフト社は、Windows 8.1が一般消費者の手元に渡ってからも、Windows 8.1の強化(特にセキュリティ)が行われています。

Windows 8.1を使っている人はWindows 8.1を強化するプログラムをインターネットを通じて、知らないうちにダウンロードしているのです。

ただ、初めてWindows 8.1を使う場合は、Windows 8.1が発売された当時、またはWindows 8.1が大幅に変更になったときのものになります。

それでは、セキュリティが弱くなってしまいます。

そのために、Windows 8.1を起動し、インターネットに接続しましたら、すぐにWindows 8.1の更新を行うのです。

そうすれば、今の時点で最新のWindows 8.1になり、セキュリティも強化されます。

Windows 8.1を更新することを、Windows Update(ウインドウズ・アップデート)とも呼びます。

Windowsの更新だけでは不十分

Windowsのセキュリティ対策には「Windows Update(ウィンドウズ・アップデート)」と「ウイルス対策ソフト」があります。

インターネットを通じてWindows 8.1を最新の状態にしても、セキュリティ上は、「最低限の準備」をしただけになります。

これが万全ではないと、Windows XP、Windows Vista、Windows 7のデータにウイルスやスパイウェアが入っていた場合、Windows 8.1までがウイルスに感染してしまいますので、必ず、ウイルス対策ソフト(ウイルスバスターなど)をインストールしてください。

ウイルス対策ソフトがインストールされていないと、インターネットに接続するとウイルスに感染する可能性がかなり高くなります。

詳しくは、「セキュリティ」をご覧ください。

 

次は「更新方法 - Windows 8.1を最新の状態に更新 - Windows 8.1へ引越し」をご覧ください。

このページの先頭へ