データのコピー(Windows 8.1へデータをコピー)

Windows 8.1へ引越しする準備から実際にデータをコピーする方法です。パソコンの引越をしたい方に「データのコピー - Windows 8.1へデータをコピー - Windows 8.1へ引越し」をお伝えします。

各データをWindows 8.1のパソコンにコピー

Windows XP、Vista、7でバックアップしたデータを外付けハードディスク、CD-R、DVD-R、BD-RからWindows 8.1にコピーする方法をお伝えします。

個別のデータをバックアップした場合

「自分で作成したデータ」はWindows XP、Vista、7からWindows 8.1にコピーするだけでOKですが、「メール関連のデータ」と「インターネット関連のデータ」は、新しいソフトで使えるようにインポートしなければいけません。

まずは、引越しの準備としまして、バックアップしたデータ全部をWindows 8.1のデスクトップにコピーします。

各データをコピーする方法

基本的に外付けハードディスク、USBメモリ、各メディア(CD-R、DVD-R、BD-R)は、共通の操作方法です。

1.メディアの中を開く

バックアップデータが入った外付けハードディスクやUSBメモリをパソコンに接続、または各メディア(CD-R、DVD-R、BD-R)をパソコンに挿入します。

「○○(○:)」「リムーバブルドライブに対して行う操作を選んでください。」が表示されます。

「フォルダーを開いてファイルを表示」をクリックします。

フォルダーを開いてファイルを表示

外付けハードディスクやUSBメモリの場合

デスクトップ画面の右上に「○○(○:)」(画像ではUSBメモリの販売元であるTranscendと表示されています)「タップして、リムーバブルドライブに対して行う操作を選んでください。」が表示されますので、クリックします。

リムーバブルドライブに対して行う操作

2.メディアの内容が表示される

Wndows XPの準備」「Windows Vistaの準備」「Windows 7の準備」で引越しの準備をしている場合は、メディア内には、「自分で作成したデータ」、「メール」、「インターネット」があります。

メディアの内容が表示される

3.データをコピーする

外付けハードディスク、USBメモリ、各メディア(CD-R、DVD-R、BD-R)内にあるデータをWindows 8.1のデスクトップ画面にドラッグします。

データをコピーする

デスクトップに「自分で作成したデータ」、「メール」、「インターネット」がコピーされます。

 

次は「個人用フォルダーへコピー - 自分で作成したデータ - Windows 8.1へ引越し」をご覧ください。

このページの先頭へ