3つのメールソフト(メール)

Windows 8.1へ引越しする準備から実際にデータをコピーする方法です。パソコンの引越をしたい方に「3つのメールソフト - メール - Windows 8.1へ引越し」をお伝えします。

Windows 8.1でのメールソフト

Windows 8.1にはメールアプリが最初からインストールされていますが、Windows 7と同じWindows Live メールも利用することができます。

パソコン初心者の方には、Windows Live メールをオススメします。

Windows Live メール(ウィンドウズ・ライブ・メール)

Windows 7のパソコンを利用していた人にとっては馴染み深いメールソフトで、Windows 8.1でも多くの人がこのWindows Live メールを使っています。

Windows 8.1のパソコンには最初からインストールされていないことが多いのですが、マイクロソフトのホームページから無料でダウンロードできます。Windows Essentials 2012(ウィンドウズ・エッセンシャル 2012)に含まれます。

Windows 8.1でも多くの人がこのWindows Live メールを使っています。

ダウンロードページ:

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/18614/windows-essentials

メールアプリ

このメールアプリは、Outlook Express(Windows XP)、Windows メール(Windows Vista)、Windows Live メール(Windows 7など)で使われていたやメールソフトとは少し異なります。

メールアプリは、ウェブメール(フリーメール)と呼ばれる「Hotmail(ホットメール)」「Gmail(ジーメール)」「Yahoo メール(ヤフーメール)」などを設定するための、メールソフトです。

プロバイダーが提供するメールサービスは設定できません(Windows 10からは設定できるようになっています)

操作画面もOutlook ExpressやWindows Live メールと異なるため、パソコン初心者の方にはわかりづらくなっています。

ウェブメール(フリーメール)はアドレス帳やメールの内容がインターネット上に保存されるため、それらを引越しする必要はありません(新しいパソコンでメールアカウントは設定する必要があります)

Windows XPでOutlook Express、Windows VistaでWindows メール、Windows 7でWindows Live メールを利用していた人は、Windows 8.1でもWindows Live メールを利用することをオススメします。

Outlook(アウトルック)

スケジュール管理、メールを扱うことができるソフト。Word(ワード)やExcel(エクセル)が一緒になっているMicrosoft Office(マイクロソフト・オフィス)に含まれています。

Outlookを利用しているパソコン初心者の方はほとんどいませんので、「Windows 8.1の準備(メール)」では割愛させていただきます。

 

次は「Windows Live メールの準備 - メールの引越し - Windows 8.1へ引越し」をご覧ください。

このページの先頭へ