メールアカウント(Windows Live メール)

Windows 8.1へ引越しする準備から実際にデータをコピーする方法です。パソコンの引越をしたい方に「メールアカウント - Windows Live メール - Windows 8.1へ引越し」をお伝えします。

メールアカウントのインポート

Windows 8.1のWindows Live メールにアカウント(メールアドレスの設定)をインポートする方法をお伝えします。

1.Windows Live メールを起動する

デスクトップ画面の「Windows Live メール」をダブルクリックします。

デスクトップ画面の「Windows Live メール」

デスクトップ画面にアイコンがない場合は、スタート画面の「Windows Live メール」をクリックします。「Windows Live メールにサインイン」が表示された場合は「キャンセル」をクリックします。

スタート画面の「Windows Live メール」

Windows Live メールが起動します。

Windows Live メールが起動

2.メールアカウントをインポートする画面を開く

メニューバー「ファイル」→「オプション」→「電子メールアカウント」をクリックします。

メールアカウントをインポートする画面を開く

「アカウント」画面が表示されます。

「アカウント」画面

3.メールアカウントをインポートする

「アカウント」画面で「インポート」をクリックします。

メールアカウントをインポートする

「インターネットアカウントのインポート」画面で、デスクトップ画面の「メール」→「開く」をクリックします。

インターネットアカウントのインポート

「メールアカウント」→「開く」をクリックします。

メールアカウント

引越し前のパソコンでバックアップしたメールアカウントをクリック→「開く」をクリックします。

引越し前のパソコンでバックアップしたメールアカウント

4.インポートの完了

「アカウント」画面の「メール」にインポートしたアカウントがあることを確認して、「閉じる」をクリックします。

インポートの完了

Windows Live メールに、「インポートしたメールアカウント名」、「受信トレイ」、「下書き」、「送信済みアイテム」、「迷惑メール」、「ごみ箱」が表示されていればインポート成功です。

インポート成功

 

これで引越し前のパソコンでバックアップした「メールアカウント」が、Windows Live メールにインポートされました。

 

次は「Windows Live メールのアドレス帳 - メールの引越し - Windows 8.1へ引越し」をご覧ください。

このページの先頭へ