アドレス帳(Windows Live メール)

Windows 8.1へ引越しする準備から実際にデータをコピーする方法です。パソコンの引越をしたい方に「アドレス帳 - Windows Live メール - Windows 8.1へ引越し」をお伝えします。

アドレス帳のインポート

Windows 8.1のWindows Live メールにアドレス帳をインポートする方法をお伝えします。

1.Windows Live メールを起動する

デスクトップ画面の「Windows Live メール」をダブルクリックします。

デスクトップ画面の「Windows Live メール」

デスクトップ画面にアイコンがない場合は、スタート画面の「Windows Live メール」をクリックします。「Windows Live メールにサインイン」が表示された場合は「キャンセル」をクリックします。

スタート画面の「Windows Live メール」

Windows Live メールが起動します。

Windows Live メールが起動

2.アドレス帳の表示

「アドレス帳」ボタンをクリックします。

アドレス帳の表示

「アドレス帳」ボタンは表示方法によって2種類あります。

「アドレス帳」ボタン

3.アドレス帳のインポート

ツールバー「インポート」→「カンマ区切り(.csv)」をクリックします。

Windows Live メールのアドレス帳 - メール - Windows 7の引越しの準備」で、「カンマ区切り(.csv)」の形式でエクスポートしましたので、ここでは「カンマ区切り(.csv)」を選択しますが、引越し前のパソコンでエクスポートした形式に従って選択してください。

アドレス帳のインポート

「CSVのインポート」で「参照」をクリックします。

CSVのインポート

「デスクトップ」→「メール」「開く」をクリックします。

メール

「アドレス帳」→「開く」をクリックします。

アドレス帳

「アドレス帳」→「開く」をクリックします。

アドレス帳

4.アドレス帳のインポート完了

「アドレス帳のインポート」画面で、「OK」をクリックします。

アドレス帳内にたくさんのアドレスがありますと、時間がかかる場合がありますので、進行状況を表す画面が表示されましたら、しばらくお待ちください。

アドレス帳のインポート完了

「完了」をクリックします。

5.フィールドの割り当て

基本的に「インポートするフィールドの割り当て」は変更の必要がありません。変更が必要な場合は「割り当ての変更」をクリックして、割り当てを変更してください。

フィールドの割り当て

「インポート中」が表示されます。

インポート中

6.アドレス帳の確認

アドレス帳に一覧が表示されます。

アドレス帳の確認

 

これで引越し前にバックアップした「アドレス帳」が、Windows Live メールにインポートされました。

 

次は「Windows Live メールの送受信したメール - メールの引越し - Windows 8.1へ引越し」をご覧ください。

このページの先頭へ