送受信したメール(Windows Live メール)

Windows 8.1へ引越しする準備から実際にデータをコピーする方法です。パソコンの引越をしたい方に「送受信したメール - Windows Live メール - Windows 8.1へ引越し」をお伝えします。

送受信したメールのインポート

Windows 8.1のWindows Live メールに送受信したメールをインポートする方法をお伝えします。

1.Windows Live メールを起動する

デスクトップ画面の「Windows Live メール」をダブルクリックします。

デスクトップ画面の「Windows Live メール」

デスクトップ画面にアイコンがない場合は、スタート画面の「Windows Live メール」をクリックします。「Windows Live メールにサインイン」が表示された場合は「キャンセル」をクリックします。

スタート画面の「Windows Live メール」

Windows Live メールが起動します。

Windows Live メールが起動

2.「送受信したメール」をインポートする画面を開く

メニューバー「ファイル」→「メッセージのインポート」をクリックします。

「送受信したメール」をインポートする画面を開く

3.「送受信したメール」をインポート開始

「プログラムの選択」で、引越し前のパソコンで利用していたメールソフトをクリック(ここではWindows 7で主に利用するWindows Live メールを選択します)→「次へ」をクリックします。

「送受信したメール」をインポート開始

4.バックアップしたデータを選択する

「メッセージの場所」で「参照」をクリックします。

バックアップしたデータを選択する

デスクトップ→「メール」→「送受信したメール」をクリック→「OK」をクリックします。

送受信したメール

「参照」の左側に選択したフォルダの場所が表示されますので、「次へ」をクリックします。

次へ

5.インポートするフォルダの選択

「フォルダーの選択」画面で、「すべてのフォルダ」をクリックして、チェックを入れる→「次へ」をクリックします。

インポートするフォルダの選択

特定のフォルダのみの場合は「選択されたフォルダ」をクリック→インポートしたいフォルダをクリック→「次へ」をクリックします。基本的には全てのフォルダをインポートします。

6.インポートの完了

「インポートの完了」画面で、「完了」をクリックします。

インポートの完了

多くの送受信したメールがある場合は、進行状況を表す画面が表示されます。しばらくお待ちください。

7.メールの確認

「保存フォルダー」→「インポートされたフォルダ」内にインポートされたアカウント名の「送受信したメール」一覧があります。

メールの確認

すべて表示されていない場合は、フォルダ名の左にある横向きの△をクリックすると表示されます。

8.メールの移動

このままでは「メールアカウント」でインポートしたアカウントのフォルダとインポートしたフォルダが別々になってしまい、非常に使いづらい状態のため、1つにまとめます。

インポートしたフォルダ(「保存フォルダー」→「インポートされたフォルダ」→「メールのアカウント名」)にある受信トレイをクリック→メール一覧にあるメールをインポートしたアカウントの受信トレイにドラッグします。

メールの移動

複数のメールをまとめて移動する場合は、インポートしたフォルダの受信トレイをクリック→1つ目のメールをクリック→「Shift」キーを押しながら最後のメールをクリック→複数のメールを選択したらインポートしたアカウントにある受信トレイにドラッグします。選択の方法につきましては「移動とコピー - 基礎講座」を参考にしてください。

必要に応じて、他のフォルダ(「下書き」、「削除済みアイテム」、「送信トレイ」、「送信済みアイテム」)でも同じように操作してください。

 

これで引越し前にバックアップした「送受信したメール」が、Windows Live メールにインポートされました。

 

次は「はじめに - インターネット - Windows 8.1へ引越し」をご覧ください。

このページの先頭へ