はじめに(メール)

Windows XPのパソコンから、新しいWindowsのパソコンに引越しをするためには、いろいろな準備があります。パソコンの引越をしたい方に「はじめに - メール(Windws XPの引越しの準備)をお伝えします。

Windows XPで使われるメールソフト

Windows XPでは大きく分けて3つのメールソフトが使われています。3つともWindowsと同じ会社であるMicrosoft(マイクロソフト)のメールソフトです。

Outlook Express(アウトルック・エクスプレス)

下記のOultlook(アウトルック)と名前は似ていますが、別のソフトです。

Windows XPに最初から付属していて、Windows XPのパソコンを持っているほとんどの人が、このメールソフトを使っています。

このホームページでは、例としまして「Outlook Express 6」を元に説明させていただきます。バージョンが違っても操作は似ています。

Outlook(アウトルック)

スケジュール管理、メールを扱うことができるソフト。Word(ワード)やExcel(エクセル)が一緒になっているMicrosoft Office(マイクロソフト・オフィス)に含まれています。

パソコン初心者の方はこのソフトをほとんど使っていません。

このホームページでは、例としまして「Outlook2002」を元に説明させていただきます。バージョンが違っても操作は似ています。

Windows Live メール(ウィンドウズ・ライブ・メール)

メールソフトの定番、Outlook Express(アウトルック・エクスプレス)の後継ソフトです。

マイクロソフトのホームページからダウンロードすれば、Windows XPでも使うことができ、使いやすくなっています。

パソコン初心者の方はあまり使っていませんが、パソコンに慣れた人は自分でダウンロードして使っています。

Windows Vistaに付属されているWindows Mail(ウィンドウズ・メール)とは別のソフトになりますので、ご注意ください。

Windows Live メール(ウィンドウズ・ライブ・メール)のダウンロード先

http://download.live.com/wlmail

このホームページでは、例としまして「Windows Live メール 2009」を元に説明させていただきます。バージョンが違っても操作は似ています。

引越しできるメールソフトのデータ

ご紹介しました3つのメールソフトからは以下のものが引越しできます。

アドレス帳に登録したメールアドレス
送受信したメール
メールアカウント(メールの送受信に必要な設定)

 

初心者のためのパソコン引越し講座では、それぞれのメールソフトでのバックアップ方法をお伝えしています。

 

次は「保存フォルダ - メール(Windws XPの引越しの準備)」をご覧ください。

このページの先頭へ