Outlook(メール)

Windows XPのパソコンから、新しいWindowsのパソコンに引越しをするためには、いろいろな準備があります。パソコンの引越をしたい方に「Outlookのメールアカウント - メール(Windws XPの引越しの準備)をお伝えします。

全データをバックアップできる

Outlook(アウトルック)は、アドレス帳、送受信したメール、メールアカウント(メールの送受信に必要な設定)の全てのデータをまとめてバックアップできます。

バックアップ方法

ここではOutlook2002を例にして、全データをバックアップする方法をお伝えします。

1.Outlook(アウトルック)を起動する

Outlook(アウトルック)を起動する

2.エクスポート画面を表示する

メニューバー「ファイル」→「インポートとエクスポート」をクリックします。

3.エクスポートウィザード01

「ファイルへエクスポート」をクリック→「次へ」をクリックします。

エクスポートウィザード01

4.エクスポートウィザード02

「エクスポートするファイルの種類を選択してください」の「個人用フォルダーファイル」をクリック→「次へ」をクリックします。

エクスポートウィザード02

5.エクスポートウィザード03

「エクスポートするフォルダ」の「個人用フォルダー」をクリック→「サブフォルダを含む」にチェック→「次へ」をクリックします。

エクスポートウィザード03

6.エクスポートウィザード04

「エクスポートファイル名」の「参照」をクリックします。

エクスポートウィザード04

エクスポートする場所をデスクトップ画面の「メール」→「OK」をクリックします。

エクスポートウィザード04

「完了」をクリックします。

エクスポートウィザード04

7.個人フォルダの作成

エクスポートしたOutlook(アウトルック)のデータにパスワードを設定することができます。

パスワードの設定が必要な場合は「パスワード」と「パスワード確認」にパスワードを入力してください。

ここではパスワードを設定しませんので、「OK」をクリックします。

8.フォルダ内の確認

デスクトップ画面の「メール」内に「backup」ファイルがあれば成功です。

フォルダ内の確認

 

「自分で作成したデータ」、「メール関連のデータ」、「インターネット関連のデータ」をすべてまとめましたら、USBメモリ、外付けハードディスク、CD-R、DVD-R、BD-Rにコピーをします。

 

詳しくは、「メディアへバックアップ」をご覧ください。

 

次は「アドレス帳 - Windows Live メール(Windws XPの引越しの準備)」をご覧ください。

このページの先頭へ