アドレス帳(Windows Live メール)

Windows XPのパソコンから、新しいWindowsのパソコンに引越しをするためには、いろいろな準備があります。パソコンの引越をしたい方に「Windows Live メールのアドレス帳 - メール(Windws XPの引越しの準備)をお伝えします。

アドレス帳のバックアップ

Windows XPにおけるOutlook Express(アウトルック・エクスプレス)の後継ソフト、Windows Live メール 2009を例にして、「アドレス帳」をバックアップする方法をお伝えします。

1.Windows Live メール(ウィンドウズ・ライブ・メール)を起動する

Windows Live メール(ウィンドウズ・ライブ・メール)を起動する

2.アドレス帳を開く

メニューバー「移動」→「アドレス帳」をクリックします。

アドレス帳を開く

3.アドレス帳をエクスポートする

メニューバー「ファイル」→「エクスポート」→「名刺(VCF)」をクリックします。

「VCF」とは、Windows Live メール(ウィンドウズ・ライブ・メール)のアドレス帳を保存するための形式です。

「エクスポート」とは、ソフトからデータを書き出す作業のことです。

アドレス帳をエクスポートする

4.アドレス帳を保存する

「フォルダの参照」画面で、デスクトップ画面の「メール」→「アドレス帳」をクリック→「OK」をクリック

アドレス帳を保存する

完了後には何も表示されません。

5.エクスポートの完了

開いているWindows Live メール(ウィンドウズ・ライブ・メール)の「×」をクリックして、全て閉じます。

6.フォルダ内の確認

デスクトップ画面の「メール」→「アドレス帳」フォルダ内に、アドレスごとに個別のファイルがあれば成功です。

フォルダ内の確認


「自分で作成したデータ」、「メール関連のデータ」、「インターネット関連のデータ」をすべてまとめましたら、USBメモリ、外付けハードディスク、CD-R、DVD-R、BD-Rにコピーをします。

詳しくは、「メディアへバックアップ」をご覧ください。

 

次は「送受信したメール - メール(Windws XPの引越しの準備)」をご覧ください。

このページの先頭へ