パソコンの引越しで利用すると便利なのが、Windows転送ツールです。

パソコンの引越をしたい方に「Windows転送ツール(Windows転送ツール)」をお伝えします。

Windows転送ツールで転送できるもの

基本的にはWindowsで使用するデータのほとんどが、一括でバックアップできます。

自分で作成したデータ

Word(ワード)やExcel(エクセル)などのアプリケーションで作成したデータ、デジカメから取り込んだ写真データ、デジタルビデオカメラから取り込んだ動画、インターネットで購入した音楽など、パソコン購入後に自分で用意したデータのバックアップができます。

メール関連のデータ

アドレス帳、送受信したメール、メールアカウント(メールを送受信するのに必要な設定)がバックアップできます。

インターネット関連のデータ

お気に入り、クッキー(IDやパスワード、閲覧記録)

ユーザー名

ユーザーごとの設定やデータ

アプリケーションの設定

Windowsのバージョンによっては、移行できないものもあります。

Windows設定の全般

自動的に設定されたり、自分で設定したことが転送されます。
 

Windows転送ツールで転送できないもの

  • パソコン購入時に入っていたアプリケーションソフト
  • 自分で購入したアプリケーションソフト
  • 自分でダウンロードしたアプリケーションソフト
  • セキュリティ対策のアプリケーションソフト
  • 周辺機器のドライバソフト

これらは「Windows転送ツールでの引越し」だけではなく、「個別に引越しする方法」でも引越しができません。

詳しくは、「引越しできるもの(パソコン引越しの基礎知識)」をご覧ください。
 

今回は、「引越しできるもの(Windows転送ツール)」をお伝えしました。