パソコンの引越しで利用すると便利なのが、Windows転送ツールです。

パソコンの引越をしたい方に「2つの方法(Windows転送ツール)」をお伝えします。

外付けハードディスクやUSBメモリを使う方法

最も一般的な方法が外付けハードディスクやUSBメモリを使う方法です。

引越し前のパソコンでWindows転送ツールを実行し、そのバックアップデータを外付けハードディスクやUSBメモリに保存して、新しいパソコンへ移行します。

パソコンによってはUSBメモリの容量では不十分なため、外付けハードディスクの使用をオススメします。

外付けハードディスクにつきましては、「外付けハードディスク(パソコンの引越しに必要なもの)」をご覧ください。

Windows データ転送ケーブル

Windowsのパソコン同士を直接接続して、ケーブルでデータを転送します。

このWindows 転送ケーブルは、特定のWindowsの引越しのときしか使うことができず、その他の用途はありません。

Windows データ転送ケーブルを購入するよりは、外付けのハードディスクやUSBメモリを購入し、パソコンの引越しが終わってからも、データのバックアップ用として使った方が絶対にお得です。

そのため、Windows転送ツールでのケーブルを使ったデータの引越しはあまりオススメしません。
 

今回は、「2つの方法(Windows転送ツール)」をお伝えしました。