引越し前のパソコンでバックアップしたデータを新しいWindows 10のパソコンにコピーする方法です。

パソコンの引越をしたい方に「Internet Explorer 11とMicrosoft Edge(Windows 10へ引越し)」をお伝えします。

Windows 10のブラウザ

ブラウザとはインターネットを見るために使うソフトです。

Windowsが登場して以来、約20年にわたり、Windowsの標準ブラウザとして利用されてきたInternet Explorer(インターネット・エクスプローラー)。

Windows 10では、Internet Explorerに変わり、新しいブラウザであるMicrosoft Edge(マイクロソフト・エッジ)が標準のブラウザとなりました。

「今まで利用してきたInternet Explorerはついになくなくってしまったのか・・・」と寂しい気持ちになりますが、実はWindows 10には、Internet Explorerも入っています。

Windows 10におけるInternet ExplorerとEdgeについてお伝えします。

Internet Explorer

Internet Explorerにもバージョンがありますが、最新のInternet Explorer 11(2017年現在)であれば、Windows 7でも、Windows 8.1でも、Windows 10でも操作方法は同じです。

Internet Explorer

Internet Explorerが入っている理由

Microsoft Edgeは「新しいブラウザだから何にでも対応できるに違いない」と思いますよね。

もちろん性能がよくなった部分も多くありますが、実は古い技術を切り捨てて軽快なスピードとセキュリティを高めています。

世の中にあるホームページが最新の技術で作られている訳ではありません。

最新の技術どころか、「まだこれ(古い技術)を使ってるの?」というホームページがたくさんあります。

急にMicrosoft Edgeのみにしてしまうと、上手く表示できないホームページがあるため、「本当はMicrosoft Edgeのみにしたいけど、表示できないホームページもあるから、しばらくはInternet Explorerを入れておくよ」ということで、Windows 10にもInternet Explorerが入っています。

パソコン初心者の方にオススメ

パソコンの世界では、次々に新しい技術が生まれています。

「パソコンが大好き」「新しい機能が出たらすぐに使いたい」という人もいますが、「新しい機能は必要ない」「今までと同じでいい」という人もいます。

特にパソコン初心者の方は後者が多いと思います。

Microsoft Edgeは軽快に動き、タッチパネルでの操作もしやすいため、慣れてしまえば使いやすいのですが、今までInternet Explorerをずっと使っていた人が無理にMicrosoft Edgeに乗り換える必要はありません。

まだまだ、Internet Explorerは現役のため、今までと同じように利用できるInternet Explorerは、パソコン初心者の方にオススメです。

Internet Explorerのデータは、引越し前のパソコンから、Windows 10のパソコンに簡単に引越しができます。
 

Microsoft Edge

Microsoft EdgeもInternet Explorerも基本的な操作性は似ていますが、Microsoft Edgeになり、性能が向上したり、新しい機能が増えました。

引越し前のパソコンでバックアップしたInternet ExplorerのデータをMicrosoft Edgeで読み込むことはできませんが、Windows 10のパソコンに読み込んだInternet Explorerのお気に入りをMicrosoft Edgeに読み込むことは可能です。

Microsoft Edge

Microsoft Edgeの特徴

  • フラットデザイン(アイコンやボタンが平面的なデザイン)
  • タッチパネルに向いている
  • 起動やページの表示スピードが速い
  • セキュリティが高い
  • 古い技術が利用されているホームページは上手く表示できないことがある

Microsoft Edgeの新機能

  • Webノート(Webページに文字を書き込んだり、キーボードで入力できる)
  • 読み取りビュー(広告などの情報を表示させなくできる)※対応しているページに限ります
  • リーディングリスト(オフラインでも読むことができるようにページを保存する)

Internet Explorer以外のブラウザ

パソコンに詳しい方は、Googleの「Chrome(クローム)」、Mozilla Foundationの「Firefox(ファイアフォックス)」などを使うことが多いです。

 
「初心者のためのパソコン引越し講座」では、パソコン初心者の方のためにInternet ExplorerとMicrosoft Edgeへの引越し方法をお伝えします。

 
今回は、「Internet Explorer 11とMicrosoft Edge(Windows 10へ引越し)」をお伝えしました。