32bitと64bitの違い - 基礎講座

パソコンのデータを引越しするときにはもちろん、それ以外の場合にも知っておくと便利なパソコンの知識です。パソコンの引越をしたい方に「32bitと64bitの違い - 基礎講座」をお伝えします。

bit(ビット)とは?

32bitや64bitのbit(ビット)とは、binary digit(バイナリーディジェット)の略でコンピューターが扱うデータの最小単位のことです。日本では「2進数」という意味です。

コンピューターは、とても複雑なことができますが、実際には「0」と「1」(電気信号のオンとオフ)の2つを使っているだけです。1bitは1桁、2bitは2桁というように「0」と「1」の組み合わせが増えていきます。bit数が多ければ多いほど、表現できる情報量が増えます。

1bit=0、1(1桁・2通りの組み合わせ)

2bit=00、01、10、11(2桁・4通りの組み合わせ)

8bitは「8桁・256通り」となり、8bit=1Byte(バイト)となります。

8bit=1Byteの意味

8bitが1Byteになった最大の理由は「コンピューターがアメリカ生まれ」だからです。

半角英数字(アルファベットと数字)に日常で使う記号を加えても、8bit(256通り)で表現することができるため、「8bit=1Byte」が基準になりました。日本語の1文字は2Byteが必要です。

32bitと64bitの扱える情報量

数字の64は32の2倍ですが、コンピューターが扱えるデータで考えると恐ろしいほどの差になります。

32bit版のOS扱える情報量(2の32乗):約42億通り
64bit版のOSが扱える情報量(2の64乗):約1844京6744兆0737億通り

 

32bit版でもすごいのに64bit版はよくわからないぐらいすごい数字になっています。ここでは、32bit版と64bit版の圧倒的な差を感じてもらえればOKです。

使用できるメモリとドライブの容量

Windowsの32bit版と64bit版での圧倒的な性能差はわかってもらえたと思います。ここではメモリの上限とドライブ容量の上限の違いをお伝えします。

メモリの上限

32bit版:4GBまで

64bit:4GB以上

ドライブ容量の上限

32bit版:2TBまで

64bit:2TB以上

64bit版のWindowsが主流

現在では、64bit版のWindowsが主流となっています。Windowsが発売された順に32bit版と64bit版の普及について見ていきましょう。

Windows XP

それまでのWindowsは最大でも32bitでしたが、Widnwos XPで初めて64bit版が登場しました。

パソコンのCPU、マザーボード、ソフトが、64bit版に対応していないものが多かったので、64bit版は普及しませんでした。

Windows Vista

64bit版に対応できるパソコンが増えてきましたが、主流は32bitでした。

Windows 7

世間一般的に、32bit版と64bit版のパソコンが販売されるようになり、主流が64bitになりました。

Windows 8、Windows 8.1、Windows 10

特別な理由がない限り、64bit版のパソコンが利用されるようになりました。

32bit版、64bit版の確認方法

Windows 7のパソコンを例に、32bit版か64bit版の確認方法をお伝えします。

1.コンピューターを開く

デスクトップ画面の「コンピューター」を右クリックします。

デスクトップ画面の「コンピューター」

「プロパティ」をクリックします。

プロパティ

「コンピューターの基本的な情報の表示」が表示されます。

コンピューターの基本的な情報の表示

2.システムの種類を確認する

「システム」の「システムの種類」に「32 ビット オペレーションシステム」(32bit版)または「64 ビット オペレーションシステム」(64bit版)の表示があります。

システムの種類を確認

注意点

32bit版のWindowsから64bit版のWindowsに引越しやアップグレードをするときには、64bit版のWindowsでは対応していないソフト、ドライバがありますので、あらかじめ調べる必要があります。

32bit版のWindowsがインストールされたパソコン本体のCPUやマザーボードが64bit版に対応していない場合は、新しい64bit版のWindowsにはアップグレードできないため、注意してください。

新しいパソコンを購入する場合

特別な理由がない限り、64bit版を購入すれば間違いありません。

 

次は「圧縮と解凍とは? - 圧縮と解凍 - 基礎講座」をご覧ください。

このページの先頭へ