Windows転送ツールとは?

パソコンの引越しで利用すると便利なのが、Windows転送ツールです。パソコンの引越をしたい方に「Windows転送ツールとは? - 基礎知識・Windows転送ツール」をお伝えします。

パソコン初心者の人にオススメ

Windowsのパソコン同士で、パソコン初心者の方にオススメなのが、Windows転送ツールでの引越しです。

引越し前のパソコンでWindows転送ツールを利用し、パソコンのハードディスクやSSDに入っているデータをUSBメモリ、外付けハードディスク、CD-R、DVD-R、BD-Rなどにコピーします。それを新しいパソコンに移動させるだけです。

バックアップのデータ容量によっては数時間かかることもありますので、時間があるときにWindows転送ツールでの作業をおこなってください。

Windows転送ツールの操作を正しく行えば、問題なくデータの引越しができますが、万が一のことを考えて、新しいパソコンでデータを確認できるまで、引越し前のパソコンのデータは削除しないでください。

心配な場合は、個別にバックアップをしてください。

Windows転送ツールが利用できないことがある

Windowsのバージョンによっては、Windows転送ツールが利用できない(または一部のみ利用できる)場合があります。

Windows XP、VistaからWindows8.1への引越しでは、Windows転送ツールが利用できない。
Windows 7からWindows 8.1への引越しでは、Windows転送ツールでデータの引越しはできるが、設定は引越しできない。
Windows 10への引越しでは、Windows転送ツールが利用できない。

それぞれのWindowsにあったWindows転送ツール

引越し前のパソコンで新しいパソコン用の「Windows転送ツール」をインターネットからダウンロード後にデータのバックアップをし、新しいパソコンに読み込ませます。例えば・・・

Windows Vistaに引越すときには、引越し前のパソコン(Windows XP)にWindows Vista用のWindows転送ツールをダウンロード&インストールする必要がある。
Windows 7に引越すときには、引越し前のパソコン(Windows XPやWindows Vista)にWindows 7用のWindows転送ツールをダウンロード&インストールする必要がある。
Windows 8.1に引越すときには、Windows 7にインストールされているWindows転送ツールを利用する

それぞれのWindowsに応じた「Windows転送ツール」を使う必要があります。

Windows転送ツールのメリットとデメリット

4種類の引越し方法 - 基礎知識・はじめに」でもお伝えしましたが、改めてWindows転送ツールのメリットとデメリットをお伝えします。

メリット

一括で全てのデータや設定が引越しできる

デメリット

インターネットから、Windows転送ツールをダウンロードする必要がある。
Windowsのバージョンによって、Windows転送ツールが利用できないことがある。
全てのデータや設定がバックアップされているかどうかがわかりづらい。
個別のデータや設定を指定して取り出すことができない。
引越し前のパソコンで特殊な設定をしているとWindows転送ツールが利用できないことがある。

 

デメリットの項目が多いですが、全てのデータを一括で引越しができるのは、初心者の方には大きなメリットです。

外付けハードディスクやUSBメモリを使う方法

一般的なパソコン引越し方法は、外付けハードディスクやUSBメモリを使う方法です。

引越し前のパソコンで、Windows転送ツールを実行し、そのバックアップデータを外付けハードディスクやUSBメモリに保存して、新しいパソコンへ移行します。

パソコンによってはUSBメモリの容量では不十分なため、外付けハードディスクの使用をオススメします。

ネットワークを構成してデータを引越しする方法もありますが、ネットワークの知識が必要になりますので、ここでは省略させていただきます。

外付けハードディスクにつきましては、「外付けハードディスク - 基礎知識・引越しに必要なもの」をご覧ください

 

次は「引越しできるもの - 基礎知識・Windows転送ツール」をご覧ください。

このページの先頭へ