USBメモリ

USBメモリ、外付けハードディスク、CD-R、DVD-R、BD-Rに準備したデータをパソコン引越しのためにバックアップします。こパソコンの引越をしたい方に「USBメモリ - メディアへバックアップ」をお伝えします。

USBメモリへバックアップ

「自分で作成したデータ」、「メール関連のデータ」、「インターネット関連のデータ」をUSBメモリ(フラッシュメモリ)にバックアップします。

Windows XPの画面のため(古くて申し訳ありませんが)、Windowsのバージョンによって操作は異なりますが、基本は同じです。

USBメモリ

1.USBメモリをパソコンに挿入する

初めてUSBメモリをパソコンに挿入すると「新しいハードウェアが見つかりました」と表示され、パソコンがUSBメモリを使うための準備をします。

USBメモリをパソコンに挿入する

USBメモリをパソコンに挿入する

USBメモリをパソコンに挿入する

2.USBメモリを開く

USBメモリを開く方法は、2つの方法があります。

USBメモリの準備が完了後、「Windowsが実行する動作を選んでください。」画面で、「フォルダを開いてファイルを表示する」をクリック→「OK」をクリックします。

USBメモリを開く

上記の画面が表示されない場合

デスクトップ画面の「マイコンピューター」をダブルクリック→「リムーバブルディスク」をダブルクリックします。

USBメモリを開く

USBメモリに名前がついている場合は、「リムーバブルディスク」ではなく、その名前が表示されます。

USBメモリの中を開いたままにしてください。

USBメモリを開く

3.USBメモリに作成したフォルダをコピーする

デスクトップ画面に作成した、「自分で作成したデータ」、「メール」、「インターネット」フォルダをUSBメモリの中へドラッグします。

通常、コピーはキーボードの「Ctrl」を押しながらドラッグですが、別々のドライブ(C、D、Eなど)の場合はドラッグをしただけで、コピーになります。

USBメモリに作成したフォルダをコピーする

この画像のUSBメモリは、「USB 256」という名前がついてます

4.USBメモリにコピーしたデータを確認する

USBメモリにコピーしたデータを確認する

USBメモリ内に「インターネット」、「メール」、「自分が作成したデータ」が表示されれば、無事にバックアップされています

 

次は「外付けハードディスク - メディアへバックアップ」をご覧ください。

このページの先頭へ