無償アップグレードの方法(Windows 8.1にアップグレード)

Windows 8からWindows 8.1へは無償でアップグレードできます。Windows 8のパソコンを利用している方は、Windows 8.1にアップグレードしましょう。パソコン初心者の方のために「無償アップグレードの方法 - Windows 8.1にアップグレード」をお伝えします。

2種類の無償アップグレード

Windows 8からWindows 8.1に無償アップグレードできる方法は2種類あります。

Windows ストア経由

インターネットからWindows 8.1をダウンロードしてからインストールします。

インストールDVD

主にインターネットに接続できないパソコンで使います。

インターネットに接続できるパソコンでダウンロードしたWindows 8.1のデータをUSBメモリやDVD-Rにコピーし、インターネットに接続できないパソコンでWindows 8.1をインストールします。

Windows ストア経由で無償アップグレードする方法

現在ではほとんどのパソコンがインターネットに接続できますので、「初心者のためのパソコン引越し講座」では、パソコン初心者の方でも簡単にできる「Windows ストア経由」を使った無償アップグレードの方法をお伝えします。

Windows 8からWindows 8.1への無償アップグレードでは、基本的にデータの引越しは必要ありませんが、アップグレード中にハードディスクが壊れる可能性がゼロではありません。

念のため、データのバックアップをしてからアップグレードの作業をしてください。

1.スタート画面を表示する

パソコンの電源を入れた後、ログイン画面でパスワードが必要な方は入力して、スタート画面を表示してください。

スタート画面を表示する(Windows 8.1)

2.「ストア」を表示する

スタート画面の「ストア」をクリックします。

「ストア」を表示する(Windows 8.1)

3.「無料で Windows 8.1に更新」を選択

表示されたWindows ストアの「Windows のアップデート」にある「無料で Windows 8.1に更新」をクリックします。

「無料で Windows 8.1に更新」を選択(Windows 8.1)

4.Windows 8.1のダウンロード

Windows 8.1の画面で「ダウンロード」をクリックします。

4.Windows 8.1のダウンロード(Windows 8.1)

5.Windows 8.1のインストール

「インストール」画面で、Windows 8.1のダウンロード→インストールが行われます。

Windows 8.1のインストール(Windows 8.1)

6.再起動

インストールが終了すると「PCを再起動する必要があります」が表示されますので、「今すぐ再起動」をクリックします。

再起動後、Windows 8.1の初期設定を行います。

 

次は「初期設定の方法 - Windows 8.1にアップグレード」をご覧ください。

このページの先頭へ